寿司だけじゃない!中華でも味わえる北陸の海の幸

北陸の豊かな海の幸が味わえる仙台市。寿司だけではなく、中華の高級食材、フカヒレ・干しアワビ・干しナマコの生産地としても有名だ。そんな海の幸に恵まれた仙台市の食べログトップ5とは?

仙台市の食べログランキングベスト5

1位:滋味風味 小豆(懐石・会席料理)

出典:loroさん

住宅街の中に京数寄屋の店構えがひっそり佇んでいる日本料理のお店「滋味風味 小豆」。ご主人は、東京元赤坂の茶懐石料理店「辻留」で修業。四季の情緒と京料理の流れを随所に感じながらも、地元東北の新鮮な食材を愉しめる。

出典:loroさん

「鮑と蛤と三陸産のわかめのお椀」はホッとする優しい味わい。化学調味料や人工甘味料などの添加物や保存料、既製品、養殖ものは使用しないという、お店の徹底した本物志向、健康志向がうかがえる。

出典:loroさん

墨烏賊の耳を自家製塩うにで和えたこちらの一品はついついお酒が進んでしまう。過剰な塩辛さを抑え、上質な素材のうまみを重視したやさしいお味に仕立てられている。

出典:loroさん

「秋田産の似鱚(ニギス)と一寸豆の天ぷら」も絶品。似鱚はその名の通り「キス」に似た魚で口溶けは淡雪の如く、鯊(ハゼ)の天ぷらに相通じるしっとり軽やかな食感。 健康志向で落ち着いた空間に癒されたい方は、是非足を運んでみてほしい。

2位:クロモリ(中華料理)

出典:俊太郎さん

広瀬川を望む高台に位置する小さな中華料理店「クロモリ」。宮城県産を中心に東北各地・日本各地から厳選された食材を使った新感覚の中華料理が堪能できる。

出典:俊太郎さん

実は、宮城県は中華の高級食材、フカヒレ・干しアワビ・干しナマコの生産地。気仙沼直送ヨシキリザメ尾ビレ(フカヒレ)の煮込みは、土鍋で炊いたご飯にかけていただく。これがクロモリの定番の一品。

出典:俊太郎さん

クロモリのために特別に育てているという宮城県で育った鳥を使った「地鶏の揚げ物」は、香り、味、食感、旨みのどれをとっても最高の美味しさ。

出典:俊太郎さん

22日間寝かせてとろける旨さを出すお肉を使った小籠包は、ここでしか食べられない究極の一口。札幌出身の黒森シェフが東日本大震災を受け「料理人ができる復興を」という思いから移転し、仙台に構えたこのお店。その渾身の料理の数々にあなたもきっと感動することだろう。

3位:弘寿司(寿司)

出典:ハックルベリー・フィンさん

江戸前握りの進化系「弘寿司」では、実直なご主人の人柄から生み出される、彩り豊かな創作寿司を味わえる。地元東北のシンプルな食材に、独自の芸術性を織り込んだ唯一無二のお寿司だ。

出典:ハックルベリー・フィンさん

中でも「3種の珍味」は驚きの一皿。ねっとりとした濃厚な「やなぎ蛸の卵」、気仙沼産のコリコリした新鮮な「モウカザメの心臓」、プニョとした食感が 面白い「鹿の子( 鯨のかわ )」など珍しい珍味が味わえる。

出典:ハックルベリー・フィンさん

地元東北が誇る高級食材「閖上の赤貝」は、ほのかな磯の香りとプリッとした食感がたまらない。仙台に来た「かい」が感じられる一品。

出典:ハックルベリー・フィンさん

ご主人の畠山さんは、常に変化と挑戦を恐れない求道者。マグロに行者ニンニクの組み合わせは、そうした姿勢の賜物といえよう。美味しくて楽しい、心から「ここに来てよかった。」と思える素敵なお店だ。

4位:日本料理 e.(懐石・会席料理)

出典:onikumaさん
真っ白な外観が印象的な「日本料理 e.」では、東北の四季を通じ歴史や伝統の素晴らしさと新しい日本料理を味わえる。一見フレンチのような洗練された一皿、本格的な日本料理の八寸など、緩急のあるコースが魅力的。
出典:onikumaさん

新鮮な鮮魚の素材を存分に活かしたお造り「アワビ 赤貝 つぶ」。その季節に一番美味しいお魚を愉しめる。出典:onikumaさん

「料理は発展していくもの」と言う、ご主人の千葉さん。フランス料理店での修行経験を活かし「仙台牛和風ローストビーフ」など本格的なお肉料理を食べられるのものこのお店の特徴だ。

出典:お店から

最後は、季節の食材をふんだんに盛り込んだ炊き込みご飯を。フレンチと和食が融合した新世代の日本料理をぜひ仙台で味わってみてほしい。

5位:小判寿司(寿司)

出典:Ioroさん

多くの寿司屋が軒を連ねる文化横丁で、安くて美味しい江戸前鮨を食べられるのが「小判寿司」。お店の特徴は赤酢の効いたシャリ。その上に新鮮かつ歯ごたえのある三陸産の地魚が鮮やかに乗っている。

出典:Ioroさん

ご主人の鮮やかな手つきと軽やかなテンポで握られる寿司は、みているだけでも楽しくなってくる。美しい車エビは、どっしりとした身の重厚感に驚かされる。

出典:Ioroさん

宮城県閖上産の赤貝は、地産地消を象徴する握り。コリっとした歯ごたえと上質な甘みがたまらない。

出典:Ioroさん

最後に出てくるスフレのような卵は、芝海老とヒラメと小柱のすり身入り。お腹も心も大満足。幸福感に包まれながらこうして仙台の和やかな夜は更けていく……。