小松 宏子の記事一覧

祖母が料理研究家の家庭に生まれる。広告代理店勤務を経て、フードジャーナリストとして活動。各国の料理から食材や器まで、“食”まわりの記事を執筆している。料理書の編集や執筆も多く手がけ、『茶懐石に学ぶ日日の料理』(後藤加寿子著・文化出版局)では仏グルマン料理本大賞「特別文化遺産賞」、第2回辻静雄食文化賞受賞。

鮎から野草まで。若き気鋭のシェフが見つけた自然の恵みあふれる“東京の森”の画像

鮎から野草まで。若き気鋭のシェフが見つけた自然の恵みあふれる“東京の森”

摘み草料理で名高い京都「草喰 なかひがし」の店主・中東久雄さんを父にもち、自身は単身イタリアへ修行。生まれ育った京都を離れ、東京でイタリアンレストラン「エルバ ダ ナカヒガシ」を営む中東俊文さん。今では独自に食材入手ルートを開拓し、自らのスタイルを確立した。“食材探し”に同行したことでわかった、料理そして食材に対する思いとは。

気鋭のパティシエが衝撃を受けた奇跡のマンゴーとは?の画像

気鋭のパティシエが衝撃を受けた奇跡のマンゴーとは?

生産者から直接旬の果物を買い付け、スイーツを作り出す「メゾンジブレー」パティシエの江森宏之さん。なかでも出会った瞬間惚れ込んだというマンゴーがあるという。糖度17度を誇る希少マンゴーのおいしさをさらに昇華させたスイーツは、甘党でなくてもぜひ体験したい。

牡蠣の魅力を知り尽くしたシェフがたどり着いた“黒い宝石”の画像

牡蠣の魅力を知り尽くしたシェフがたどり着いた“黒い宝石”

洋の東西を問わず、広く愛される食材“牡蠣”。フレンチの名店「エディション・コウジ・シモムラ」のシグネチャーディッシュは、牡蠣を使った一皿。牡蠣のすべてを知り尽くしたオーナーシェフである下村浩司さんは、今も尚、この食材の可能性を追求し続けている。そしてたどり着いた”黒い牡蠣”の正体とは?

朝ごはんを食べに京都へ。究極の食事がここにある。の画像

朝ごはんを食べに京都へ。究極の食事がここにある。

「朝ごはんは食事の基本」――そんなコンセプトで今年開業した京都の「喜心」。炊き立てのご飯とシンプルだけど丁寧につくられた一汁三菜は、本当のご馳走とは何かを考えさせてくれます。