小松 宏子の記事一覧

祖母が料理研究家の家庭に生まれる。広告代理店勤務を経て、フードジャーナリストとして活動。各国の料理から食材や器まで、“食”まわりの記事を執筆している。料理書の編集や執筆も多く手がけ、『茶懐石に学ぶ日日の料理』(後藤加寿子著・文化出版局)では仏グルマン料理本大賞「特別文化遺産賞」、第2回辻静雄食文化賞受賞。

朝ごはんを食べに京都へ。知る人ぞ知る、おじゃこやさんの朝がゆの画像

朝ごはんを食べに京都へ。知る人ぞ知る、おじゃこやさんの朝がゆ

今、京都好きの話題は「朝ごはんをどこで食べるか」ということ。老舗はもちろん、質の高い朝食を食べられる場所が増えているのです。そこで、京都にも詳しいフードジャーナリストの小松宏子さんに、いまお勧めの京都の朝ごはんを紹介してもらいました。今回は、じゃこで有名な店の知る人ぞ知る、限定の朝ごはん。

京都の定番土産、鯖寿司を新たな古典にまで仕上げた割烹の店主の画像

京都の定番土産、鯖寿司を新たな古典にまで仕上げた割烹の店主

京都の手土産の定番、鯖寿司。なかでも割烹が鯖寿司をつくるさきがけとなったのが「祇園にしむら」だ。もとは店で出していた料理が評判を呼んだことがきっかけといい、そこから“日本一”を目指して作り上げた鯖寿司の魅力に迫る。

牛肉の常識を覆す、銀座レカンの総料理長 高良シェフの挑戦の画像

牛肉の常識を覆す、銀座レカンの総料理長 高良シェフの挑戦

1ヶ月に1頭しか入手できないという完全放牧飼育の牛、ジビーフ。A5肉とは一線を画す個性をもつこの食材を、グランメゾン「銀座レカン」の総料理長高良康之さんはどんな一皿にしたのか。素材と向き合うシェフの横顔に迫る。

1カ月に1頭のみ。銀座レカンの高良シェフの本能に火をつけた完全放牧ジビーフとは?【前編】の画像

1カ月に1頭のみ。銀座レカンの高良シェフの本能に火をつけた完全放牧ジビーフとは?【前編】

名料理には名食材あり。その食材と出会ったからこそ誕生した逸品がある。気鋭の料理人たちが心血を注いで探し、辿り着いた運命の食材とはどんなものなのか。リニューアルしてパワーアップした銀座レカンの総料理長、高良康之さんを虜にした完全放牧の牛。そのワイルドな生命力あふれる肉と高良さんとの出会いとは。

あの「かんだ」の店主をうならせた神々しい米とは?の画像

あの「かんだ」の店主をうならせた神々しい米とは?

名料理には名食材あり。日本の食文化の根幹である米を追い求めた、「かんだ」店主の神田裕行さんが「究極の米」とまで言い切る米とはどんなものなのか。料理人と食材のアツくて密なる関係を探る。