小松 宏子の記事一覧

祖母が料理研究家の家庭に生まれる。広告代理店勤務を経て、フードジャーナリストとして活動。各国の料理から食材や器まで、“食”まわりの記事を執筆している。料理書の編集や執筆も多く手がけ、『茶懐石に学ぶ日日の料理』(後藤加寿子著・文化出版局)では仏グルマン料理本大賞「特別文化遺産賞」、第2回辻静雄食文化賞受賞。

気鋭のパティシエが衝撃を受けた奇跡のマンゴーとは?の画像

気鋭のパティシエが衝撃を受けた奇跡のマンゴーとは?

生産者から直接旬の果物を買い付け、スイーツを作り出す「メゾンジブレー」パティシエの江森宏之さん。なかでも出会った瞬間惚れ込んだというマンゴーがあるという。糖度17度を誇る希少マンゴーのおいしさをさらに昇華させたスイーツは、甘党でなくてもぜひ体験したい。

牡蠣の魅力を知り尽くしたシェフがたどり着いた“黒い宝石”の画像

牡蠣の魅力を知り尽くしたシェフがたどり着いた“黒い宝石”

洋の東西を問わず、広く愛される食材“牡蠣”。フレンチの名店「エディション・コウジ・シモムラ」のシグネチャーディッシュは、牡蠣を使った一皿。牡蠣のすべてを知り尽くしたオーナーシェフである下村浩司さんは、今も尚、この食材の可能性を追求し続けている。そしてたどり着いた”黒い牡蠣”の正体とは?

朝ごはんを食べに京都へ。究極の食事がここにある。の画像

朝ごはんを食べに京都へ。究極の食事がここにある。

「朝ごはんは食事の基本」――そんなコンセプトで今年開業した京都の「喜心」。炊き立てのご飯とシンプルだけど丁寧につくられた一汁三菜は、本当のご馳走とは何かを考えさせてくれます。

ハンターシェフが辿り着いたジビエの王道、鴨の底力の画像

ハンターシェフが辿り着いたジビエの王道、鴨の底力

まさに今がシーズンのジビエ。自らハンターとして仕留めた獲物だけをメニューに載せている「ラ シャッス」のシェフ依田誠志さん。看板料理の、「海鴨のサルボウ貝のソース」はいかにして完成されたのか。鴨料理でありながら、ソースに貝が使われている理由とは。食材に真正面から向き合うシェフにその想いを聞いた。

朝ごはんを食べに京都へ。知る人ぞ知る、おじゃこやさんの朝がゆの画像

朝ごはんを食べに京都へ。知る人ぞ知る、おじゃこやさんの朝がゆ

今、京都好きの話題は「朝ごはんをどこで食べるか」ということ。老舗はもちろん、質の高い朝食を食べられる場所が増えているのです。そこで、京都にも詳しいフードジャーナリストの小松宏子さんに、いまお勧めの京都の朝ごはんを紹介してもらいました。今回は、じゃこで有名な店の知る人ぞ知る、限定の朝ごはん。

京都の定番土産、鯖寿司を新たな古典にまで仕上げた割烹の店主の画像

京都の定番土産、鯖寿司を新たな古典にまで仕上げた割烹の店主

京都の手土産の定番、鯖寿司。なかでも割烹が鯖寿司をつくるさきがけとなったのが「祇園にしむら」だ。もとは店で出していた料理が評判を呼んだことがきっかけといい、そこから“日本一”を目指して作り上げた鯖寿司の魅力に迫る。