うなぎが食べたい!

夏になると聞こえてくる「土用の丑の日」。スーパーにはうなぎが並び始め、テレビではうなぎ特集。 どこからか香ばしい香りが漂ってきそう……。2021年の土用の丑の日は7月28日(水)だったが、 まだまだ猛暑日が続く毎日。おいしいふわとろうなぎを食べて、今年の夏も乗り切ろう!

1. うなぎ亭 友栄

ytkr_
出典:ytkr_さん

「うなぎ亭 友栄」は「食べログ うなぎ 百名店」にも選出されている、神奈川県小田原市が誇る人気店。門外不出のタレと数に限りのある厳選されたうなぎを使っているため、支店などはなく小田原にある同店のみ。通常の約1.5倍の大きさの、ふっくらとしたやわらかなうなぎを使用。 また、某酒蔵の酒造りに使われた地下約100mからの湧水と同じ層の水を、敷地内に掘削し利用しているというこだわりよう。

やっぱりモツが好き
「うな重」5,940円   出典:やっぱりモツが好きさん

同店で使用するうなぎは、昔から良質のうなぎの代名詞とされてきた 「青うなぎ」。 毎日、産地の問屋より直送の青うなぎを使用している。「うな重」5,940円にはきも吸いとお新香が付き、ランクなどはなく1種類のみとなっている。

tomomin826
出典:tomomin826さん

タレがしっかりと絡んでいるが、決してしつこくなくあっさりした後味。肉厚で大ぶりなのに、やわらかく、脂ものっていて口の中でとろけてしまうほど。

やっぱりモツが好き
「しら焼」5,832円   出典:やっぱりモツが好きさん

「しら焼き」5,832円には醤油と生わさび、柚子胡椒、特製味噌ダレが付いてくる。白焼きももちろん、ふわふわとろとろ食感だ。

bottan
明るいカウンター席も   出典:bottanさん

貴重な「青うなぎ」は数に限りがあり、品切れになる日も多い。席の時間指定での予約はできないが、2ヶ月前よりうなぎの取置きを電話で受け付けてくれる。確実に食べたいなら、電話予約は必須だ。平日でも昼時は1~2時間待ちは当たり前。土日ともなると、開店前から混雑しているとのこと。時間に余裕を持って出かけたい。

2. うな和

granmi
出典:granmiさん

昭和43年創業の「うな和」。こちらも「うなぎ亭 友栄」同様、小田原市にあるうなぎ屋だ。蒸してから丹念に焼き上げる工程があり、調理に時間がかかるので、席と料理の予約がおすすめ。

granmi
うな重「上」(きも吸・漬物付き)5,170円   出典:granmiさん

うな重はすべて1尾を使用し、目方の違いで梅・竹・松・上と分かれている。うな重「上」5,170円は、お重を開けるとご飯が見えないほど。肉厚の身はふんわりと口の中でとろけ、旨みと香りが広がっていくおいしさ。通常、うな重やうな丼はご飯の上にうなぎをのせた状態で提供されるが、蒲焼とご飯を別々にした「蒲焼定食」にも変更できる(価格は梅・竹・松・上と同様)。

abx155
先付けのほねから揚げ   出典:abx155さん

「ほねから揚げ」715円、お持ち帰りのうなぎ弁当(漬物付き)は「梅」4,104円から「上」5,076円まで取り揃える。