3. 本格中華が気軽に楽しめる|中華菜館 長安

ふるふる.
2004年に小倉へ移転してきた「長安」は、もともと八幡東区にあった人気店   出典:ふるふる.さん
pepepe999
辛すぎずやさしい味わいの「担々麺」803円   出典:pepepe999さん

おいしい担々麺が食べたいなぁと思う時、舌の上によみがえる味は同店の「担々麺」803円。酸味・辛味・ゴマのまろやかさが絶妙なスープに、肉味噌が溶け込んで旨みたっぷり。しゃきしゃきのモヤシもアクセントになっていて、最後まで飽きないおいしさです。丼の8分目まで並々と盛り付けられた気前の良さもうれしいポイント。

ふんわりぺこ
「五目タンメン」770円は片手で丼が持てないほどの重量感で食べごたえ充分   出典:ふんわりぺこさん

そして同店の2大巨頭とも言えるのが「五目タンメン」770円。こちらは、塩味のタンメンに、五目餡をたっぷりとのせた一杯。野菜や海鮮の旨みが溶け込んだこってり系の餡が絶品で、食べ終わるまでアツアツのまま、できたてのおいしさが続きます。

ふるふる.
825円で中華を漫喫! ランチタイムのお得な定食   出典:ふるふる.さん

さらに、お得なランチメニューも見逃せない。週替わりのメイン4品から2品をチョイスし、サラダ・漬物・スープ・ライス付きで825円。しかも食後のコーヒー付! メインは、酢豚・エビチリ・イカの四川風炒め・鶏肉の甘酢炒め・白身魚のピリ辛炒めなどの本格中華。お昼時は近隣のサラリーマンで満席になるのも納得です。

4. 純北京料理をリーズナブルに|金華亭

老舗の風格ただようアプローチ
老舗の風格ただようアプローチ   写真:お店から
歴史を感じる食堂の入口
歴史を感じる食堂の入口   写真:お店から

黒崎駅前の商店街「カムズ通り」にある同店は、創業八十余年になる老舗中華料理店。通り沿いでひと際目を引くアーチ形の看板をくぐり、黄色い階段を上っていくと「食堂部」と書かれたレトロな入口が現れます。こちらが2階の一般食堂。3階は宴会場として使用される大広間になっているそうです。

冷菜・スープ・魚貝料理、肉料理など中華のアラカルトが500円〜
冷菜・スープ・魚貝料理、肉料理など中華のアラカルトが500円〜   写真:お店から

初代のルーツに由来する「純北京料理」の冠を掲げる同店。北京料理とは四大中華のひとつで、北方山東省の料理。寒冷地のため塩味の強いのが特徴で、素材を生かしたシンプルな味つけは、日本人の口によく合います。二代目の現オーナーは、神戸を代表する北京料理の老舗「神仙閣」で15年間腕を磨き、奥様の実家である「金華亭」を継いだ熟練の職人。

ぱてー
品数豊富で充実の「酢豚定食」800円   出典:ぱてーさん

そんな同店の中華を気軽に味わうなら、リーズナブルなランチがおすすめ。一番人気の「酢豚定食」800円は、ジューシーな豚肉や野菜などを甘酸っぱい餡で絡めた名物の酢豚に、中華スープ、小鉢2品、揚げ物、ご飯、漬物が付いてボリューム満点。一品一品がしっかりとした味付けで、白米が進みます。その他、平日限定の「日替わり定食」800円や麺類、丼なども豊富です。

5. 門司港の老舗中華で名物麺を食す|中華料理 龍

よーつー
移転後の店舗はこぢんまりとしてモダンな雰囲気   出典:よーつーさん
又五郎@
レトロな趣が魅力のひとつでもあった「萬龍」   出典:又五郎@さん

1947年創業の老舗で、門司港を代表する中華料理店「萬龍」が閉店し、2015年に同じ区画内に新装開店したのが「中華料理 龍」。店舗や店名は新しくなったものの「萬龍」の味は「龍」に継承され、長年愛されてきた料理の数々は今なお健在です。

麺喰いおやじ
人気の「みそ麺」750円。麺類は+150円で小チャーハン付きに   出典:麺喰いおやじさん

「萬龍」時代からの名物で他では食べられないメニューと言えば、やはり「みそ麺」750円ではないでしょうか。麺を覆い尽くすコクのある味噌餡に、しゃきっとしたモヤシがのった、独特のヴィジュアル。香ばしいニンニクと鼻を抜ける油の香りが食欲を刺激します。プリッとした中華麺にアツアツの餡が絡みつき、ふうふう言いながらいただくのもオツなもの。

べーやん@北九州
「たーるー麺」750円は、シンプルなようで奥深い味わい   出典:べーやん@北九州さん

餡掛け麺でもう一品、推したいのが「たーるー麺」750円。こちらは八宝菜のような具だくさんの餡を麺に掛けたやさしい塩味の麺。「みそ麺」同様にアツアツなので、やけどに気をつけて! 他に「ラーメン」650円や「チャンポン」700円、「海鮮ヤキソバ」850円などの麺類や、中華の定番的一品料理が一皿1,000円と、大衆価格で味わえます。

教えてくれた人

いわくまみちこ

福岡県北九州市出身。関西の大学卒業後、福岡へUターン。地元の情報誌で旅企画を担当し、九州中を奔走する。2011年より編集とデザインの商店「マイアミ企画」として活動をスタート。企画・編集・ライティングを中心に、撮影、デザインなどパラレルに活動中。主な取材・執筆媒体は、タウン情報誌やウェブメディアなど。守備範囲は、旅、食、暮らし、まちづくり。

※「食べログ」に掲載されている情報をもとに、料理名・金額を掲載しております。最新の情報はお店の方にご確認ください。

※時節柄、営業時間やメニュー等の内容に変更が生じる可能性があるため、お店のSNSやホームページ等で事前にご確認をお願いします。

※新型コロナウイルス感染拡大を受けて、一部地域で飲食店に営業自粛・時間短縮要請がでています。各自治体の情報をご参照の上、充分な感染症対策を実施し、適切なご利用をお願いします。

文:いわくまみちこ、食べログマガジン編集部