柏原光太郎の記事一覧

日本ガストロノミー協会会長。大学卒業後、出版社に勤務し、グルメ本を手がけたことで食の奥深さに目覚める。料理は作ることも食べることも大好きで、中学生の娘の毎日の弁当と朝ごはん、週末の家ごはんを作っている。料理好きのための食の発信基地としての役割を担うべく2017年12月社団法人「日本ガストロノミー協会」を設立。

〈僕はこんな店で食べてきた〉愛すべき“インスタ映えしない”日本料理店の画像

〈僕はこんな店で食べてきた〉愛すべき“インスタ映えしない”日本料理店

出版界きってのグルメとして知られる柏原光太郎さん。編集者としての仕事をきっかけに食の世界に傾倒していったという柏原さんの“食歴”はそのまま日本の外食カルチャーの変遷に当てはまる。今回は柏原さん自らがチョイスすることが多いというジャンル「和食」。ここ最近のトレンドを踏まえつつ、日本料理本来の魅力を考える。

知らぬ間に“町中華”がレベルアップしていた理由の画像

知らぬ間に“町中華”がレベルアップしていた理由

ここ数年で急激に細分化しディープになっていく中国料理。その進化に注目していたグルメ編集者柏原光太郎さんによる短期集中連載。最終回は、レベルアップする“ご近所中華”をピックアップ。あなたの街のお店はありますか?

人気復活!いまどきの飲茶レストラン事情の画像

人気復活!いまどきの飲茶レストラン事情

食に詳しい人たちが口々に言うのが「今、一番面白いジャンルは中国料理」。より細分化しディープになっていく中国料理に、ずっと注目していたグルメ編集者柏原光太郎さんが、切り込んでいく短期集中連載がスタート。今回は、最近になって再び注目が集まっている“飲茶”が楽しめるレストランです。

〈僕はこんな店で食べてきた〉「おまかせ」はいつから?寿司活況の今振り返る、東京の寿司変遷の画像

〈僕はこんな店で食べてきた〉「おまかせ」はいつから?寿司活況の今振り返る、東京の寿司変遷

出版界きってのグルメとして知られる柏原光太郎さん。編集者としての仕事をきっかけに食の世界に傾倒していったという柏原さんの“食歴”はそのまま日本の外食カルチャーの変遷に当てはまる。今回のテーマは「寿司」。若い職人が次々と独立開業、予約の取れない店の増加、値段の高騰……。東京はいま、“バブル”ともいえるほど寿司店が活気を帯びている。そんななか、自身の寿司の歴史とともに東京の寿司店の変遷を振り返る。

東京に続々増加中。ひそかに香港料理がブレイクしている理由の画像

東京に続々増加中。ひそかに香港料理がブレイクしている理由

食に詳しい人たちが口々に言うのが「今、一番面白いジャンルは中国料理」。より細分化しディープになっていく中国料理に、ずっと注目していたグルメ編集者柏原光太郎さんが、切り込んでいく短期集中連載がスタート。初回のテーマは、本場さながらの味が体験できる香港料理です。

〈僕はこんな店で食べてきた〉死ぬ前日に何を食べるか問題。理想の天丼はどこに?の画像

〈僕はこんな店で食べてきた〉死ぬ前日に何を食べるか問題。理想の天丼はどこに?

出版界きってのグルメとして知られる柏原光太郎さん。編集者としての仕事をきっかけに食の世界に傾倒していったという柏原さんの“食歴”はそのまま日本の外食カルチャーの変遷に当てはまる。今回は「最後の晩餐」に選ぶなら、コレという天ぷらのお話。ここ数年、急速に進化を遂げている天ぷらの中で、著者が行き着いたのは?

〈僕はこんな店で食べてきた〉祇園「千花」の記憶を辿るの画像

〈僕はこんな店で食べてきた〉祇園「千花」の記憶を辿る

去る5月12日、祇園の日本料理店「千花」が火災により全焼したというニュースは、多くのグルメたちにとってショッキングな出来事だった。日本料理に目覚めるきっかけのひとつが千花だったという柏原さんがその記憶を振り返る。

〈僕はこんな店で食べてきた〉理想のブイヤベースはどこにある?の画像

〈僕はこんな店で食べてきた〉理想のブイヤベースはどこにある?

出版界を代表するグルメの柏原光太郎さんの連載。今回のテーマは南仏の伝統料理、ブイヤベース。このオーセンティックな味を1980年代からずっと追い求めているという柏原さんが振り返る、ブイヤベースの名店。これを読んだら必ずや魚介の旨みたっぷりのブイヤベースが恋しくなります。