柏原光太郎の記事一覧

日本ガストロノミー協会会長。大学卒業後、出版社に勤務し、グルメ本を手がけたことで食の奥深さに目覚める。料理は作ることも食べることも大好きで、中学生の娘の毎日の弁当と朝ごはん、週末の家ごはんを作っている。料理好きのための食の発信基地としての役割を担うべく2017年12月社団法人「日本ガストロノミー協会」を設立。

〈僕はこんな店で食べてきた〉浅草、向島、新橋、赤坂、神楽坂…。東京の花街の今昔の画像

〈僕はこんな店で食べてきた〉浅草、向島、新橋、赤坂、神楽坂…。東京の花街の今昔

日本の食文化の形成を支えてきた料亭。料理に酒、芸妓の謡や舞……。華やかな遊びの場となっていた花街は、今どのようになっているのか。出版界きってのグルメ、柏原光太郎さんが、平成のその次も残していきたい料亭と花街の関係について考察する。

〈僕はこんな店で食べてきた〉愛すべき“インスタ映えしない”日本料理店の画像

〈僕はこんな店で食べてきた〉愛すべき“インスタ映えしない”日本料理店

出版界きってのグルメとして知られる柏原光太郎さん。編集者としての仕事をきっかけに食の世界に傾倒していったという柏原さんの“食歴”はそのまま日本の外食カルチャーの変遷に当てはまる。今回は柏原さん自らがチョイスすることが多いというジャンル「和食」。ここ最近のトレンドを踏まえつつ、日本料理本来の魅力を考える。

知らぬ間に“町中華”がレベルアップしていた理由の画像

知らぬ間に“町中華”がレベルアップしていた理由

ここ数年で急激に細分化しディープになっていく中国料理。その進化に注目していたグルメ編集者柏原光太郎さんによる短期集中連載。最終回は、レベルアップする“ご近所中華”をピックアップ。あなたの街のお店はありますか?