〈2020 食通が惚れた店〉

新型コロナウイルスの流行により、飲食店にとっては大きな危機を迎えた2020年。でも、外食シーンの火は消えない! こんなときこそ、おいしいものを食べて元気になり、飲食店を応援したいものです。

そこで、グルメ情報を熟知した有識者に、2020年に惚れ込んだお店や料理についてアンケートを実施。「最も印象に残った店」「2,000円以下のお手軽グルメ」「おすすめお取り寄せ」をうかがいました。

今回は、食べロググルメ著名人の塩沢航さんにお答えいただきます。

教えてくれる人

塩沢 航
小山薫堂事務所「N35」の放送作家。「アナザースカイ」「ZIP!」「有吉くんの正直さんぽ」「ミライ☆モンスター」など担当。師匠譲りの食いしん坊で「パレ・ド・Z」「アイアンシェフ」「お先にどうぞ」など食にまつわるコンテンツも多数手がける。コロナ禍において、YouTubeチャンネル「人気シェフのうちレシピ」をプロデュース。

今年のベストレストラン

Q. 2020年、最も印象に残った飲食店を教えてください

A. 「ELEZO GATE」です

十勝に拠点を構える食肉料理人集団「ELEZO(エレゾ)」が虎ノ門横丁にオープンさせたカウンタースタイルのビストロ。彼らのフラッグシップレストラン「ELEZO HOUSE」よりカジュアルに、彼らの哲学や情熱の一端を味わうことができます。

オススメは、フィッシュ&チップスならぬ、ミート&チップス。「ミート」はなんと鹿肉です。カラッ、フワッと揚がった鹿は、驚くほどクリア。ジビエが苦手という人にこそ食べてもらいたい一品です。

遅めの時間なら、シャルキュトリ盛り合わせとグラスの白ワインという楽しみ方も。

バオミシュラン
ミート&チップス   出典:バオミシュランさん

アンダー2,000円のお手軽グルメ

Q. 今年食べた〈2,000円以内の感動の味〉を教えてください

A. 「パーラー大箸」の「フルーツサンド」(税込1,300円)です

代々木上原のフレンチ「sio」が手掛けるレトロ洋食。レトロを装いながら、一品一品、恐ろしいほど緻密に計算されています。

最新のヒットはフルーツサンド。近年のフルーツサンドブームで、果物を丸ごと入れました的な断面がフォトジェニックなだけの店もあるのですが、「パーラー大箸」のそれは、どこから食べるとどんな味わい、食感になるか、というところまで計算されています。レシピをオープンソース化しているというのも今っぽいところ。ちなみにこの店、どれもこれもプチプライスでオススメです。

フルーツサンド 出典:mad_methodさん

2020年のお取り寄せ

Q. 今年出会った、人におすすめしたいお取り寄せを教えてください

A. 「L’EAU」の「チキンカレーセビアン風」 

コロナ禍でテイクアウトを余儀なくされた各レストランが、こぞって真空パックしたカレーをお取り寄せ販売しました。その中でも圧勝だったのが、「L’EAU(ロー)」の清水シェフがお父様(今はなき東長崎の名店「セビアン」のシェフ)からレシピを受け継いだチキンカレー。とびぬけておいしかったです。今は、レストラン営業に専念するため休止となっていますが、販売再開してほしいです。


チキンカレー ゼビアン風 出典:たなーかさん

※アンケート内容と「食べログ」に掲載されている情報をもとに、料理名・金額を掲載しています。最新の情報はお店にご確認ください。
※時節柄、営業時間やメニュー等の内容に変更が生じる可能性があるため、お店のSNSやホームページ等で事前にご確認をお願いします。
※外出される際は、感染症対策の実施と人混みの多い場所は避けるなど、十分にご留意ください。

文:塩沢航・食べログマガジン編集部