京料理の記事一覧

〈僕はこんな店で食べてきた〉祇園「千花」の記憶を辿るの画像

〈僕はこんな店で食べてきた〉祇園「千花」の記憶を辿る

去る5月12日、祇園の日本料理店「千花」が火災により全焼したというニュースは、多くのグルメたちにとってショッキングな出来事だった。日本料理に目覚めるきっかけのひとつが千花だったという柏原さんがその記憶を振り返る。

祇園には“いい仕事”をするためのヒントがあるの画像

祇園には“いい仕事”をするためのヒントがある

仕事をしているとどうしてもマンネリになってしまうことがある。美味しい食事は、単に味覚を満足させるだけでなく“いい仕事”を身をもって知ることで刺激を与える要因にもなる。著者自身がそんな“いい仕事”を体感した京都の店。

京都を訪れたら、司馬遼太郎の行きつけの店へ行ってみるべしの画像

京都を訪れたら、司馬遼太郎の行きつけの店へ行ってみるべし

成功者は元々強運だから成功したのか、それとも強運を引き寄せたから成功したのか。多くの成功者たちを取材してきた著者は「ポジティブである」ことが共通項だという。そしてもうひとつの共通項は「上質な店」を知っていること。今回は司馬遼太郎が愛した名店を軸にポジティブになれる店について考える

京都の定番土産、鯖寿司を新たな古典にまで仕上げた割烹の店主の画像

京都の定番土産、鯖寿司を新たな古典にまで仕上げた割烹の店主

京都の手土産の定番、鯖寿司。なかでも割烹が鯖寿司をつくるさきがけとなったのが「祇園にしむら」だ。もとは店で出していた料理が評判を呼んだことがきっかけといい、そこから“日本一”を目指して作り上げた鯖寿司の魅力に迫る。