ニューオープン・新店の記事一覧

〈噂の新店〉“LESS(もっと少なく)”を追求してたどり着いた、見目麗しいスイーツの画像

〈噂の新店〉“LESS(もっと少なく)”を追求してたどり着いた、見目麗しいスイーツ

恵比寿の静かな路地の一角に静かに佇む小さなペストリーアトリエ「LESS」。イタリア ミラノ出身のガブリエレ・リヴァさんと、フランスやノルウェーで経験を積んだ坂倉加奈子さんがタッグを組んだ店だ。素材や形のすべてに意味のある、芯の通った逸品はスイーツ好き必見!

〈噂の新店〉おつまみ300円〜。食べ慣れた大人が気軽に集う、有名店出⾝シェフの店の画像

〈噂の新店〉おつまみ300円〜。食べ慣れた大人が気軽に集う、有名店出⾝シェフの店

フレンチの人気店、六本木の「コジト(cogito)」や麻布十番の「カラペティ・バトゥバ(QUAND L’APPETIT VA TOUT VA!)」で腕をふるったシェフ・馬堀直也さんが独立し、カウンターメインの小さな店を開いた。シンプルながらも季節の彩りや香りを大切にした絶品フレンチを、気軽な雰囲気のなかで楽しめる。

〈今夜の自腹飯〉近所に欲しい、こんな店。本格料理とそばで飲めるハイコスパな「食堂」の画像

〈今夜の自腹飯〉近所に欲しい、こんな店。本格料理とそばで飲めるハイコスパな「食堂」

「若い人にも和食に親しんでもらいたい」「料亭の味をリーズナブルに」。そんな思いから、高級和食店で長年研鑽を積んだ淺沼朋彦さんが、満を持して開いた店が「食堂 あさぬま」だ。和食と日本酒の奥深さに舌鼓を打ち、最後に手打ちそばで締める。そんな楽しみ方をカジュアルに演出する、いま注目の店である。

〈噂の新店〉33歳の寿司職⼈が独⽴。この冬、寿司好きレビュアーの話題をさらった店とは?の画像

〈噂の新店〉33歳の寿司職⼈が独⽴。この冬、寿司好きレビュアーの話題をさらった店とは?

中村龍次郎という寿司職人をご存じだろうか。ミシュランの二つ星店である「海味」のツケ場を先代から引き継ぎ、その腕で馴染み客たちを唸らせてきた。そんな彼が、ついに独立し、自身の名を冠した「鮨 龍次郎」をオープンさせた。

まる29

〈噂の新店〉ご飯が止まらない! ⼤阪鶴橋で50年守られてきたホンマもんのタレ焼⾁

2019年11月1日、ちょっとおもしろい店が三軒茶屋にオープンした。調べてみると、門外不出のタレ、健康和牛あか牛ロースといった焼肉に関する単語のほかに、八代目儀兵衛、アスリート、筋肉、といった単語も見受けられる。果たしてどんな店なのか。取材をしてみると、ホンマもんの焼肉が楽しめる、クオリティの高い店だった。

〈噂の新店〉これが本気のアルデンテ! 隠れ家イタリアンで絶品パスタを頬張るの画像

〈噂の新店〉これが本気のアルデンテ! 隠れ家イタリアンで絶品パスタを頬張る

イタリアの星付きレストランで経験を積んだシェフと、西麻布で鉄板焼店を営んでいたオーナーソムリエがタッグを組んだ「QUATTRO MANI 82」。備長炭でじっくりと火入れした肉料理や魚料理に、本場で学んだパスタを提供するという明確なコンセプトで、オープン直後ながら予約が殺到している。