カテゴリー: 食を制す者、ビジネスを制すの記事一覧

失敗を恐れないビジネスパーソンは、いい店を知っている

仕事を頑張るほどに、失敗のリスクはつきまとう。でも、失敗を恐れないことこそが成功の秘訣ともいえる。美味しい料理が、落ち込んだ心を勇気づけてくれるとともに、だからこそデキるビジネスパーソンは美味しい店をよく知っているのかもしれない。

賢者に学ぶ、観光地でのスマートな過ごし方

夏休み、観光地はどこも人でいっぱい…。でも少し工夫するだけでその混雑とは無縁のゆったりとした時間を堪能することができるんです。第一線で活躍するビジネスマンが実践する、混雑した観光地で優雅に過ごすための秘策とは!?

あの大物たちがパーコー麺を愛した理由

ビジネスで成功する人は皆、“逆張り”の達人だという。みんなの行かない道をあえて選ぶ”逆張り精神”こそが、他人から抜きん出ることに必須の姿勢。では、慌ただしいビジネスランチを有意義に過ごすにはどうすべきか?“逆張り”ランチの極意をご紹介。午後からのパフォーマンスにも影響があるかもしれない。

健啖家こそが社長の条件!?鰻重2人前をぺろりとたいらげた昭和のカリスマ社長

社長と呼ばれる人種は、とにかく早食い、大食いだという。ステーキ、フレンチのフルコースそして、そう、鰻。よく食べ、よく仕事をし、よく話す人間が社長には多いらしい。土用の丑の日、社長の方もそうでない方も、鰻をほおばってパワーも仕事効率もアップしてはいかがだろう。

店選びから接待は始まっている。先達に学ぶ成功する接待術

「人は食事中に知った人や物をすきになる」という唱える心理学者がいるという。と、なると古今のビジネスマンたちが重要なビジネスシーンにおいて、接待に心血を注いできたのは理にかなっているということ。だからこそ歴代のトップビジネスパーソンたちは、接待術の名手でもあったという。彼らに学ぶ成功する接待術とは?そして絶対に間違いのない店選びとは?

今こそ知りたい、”カネ儲けの神様”の北京ダックに見る、戦略的生き方

かつて、“カネ儲けの神様”という異名をとった人がいた。ビジネスに通じ、文才に恵まれた“神様”邱永漢(きゅう・えいかん)は、大の食道楽でもあった。社会人になりたてのころ、北京ダックをともにほおばったチャンスを得た著者が振り返る、戦略的でしなやかな神様の生き方とは。

明治のビジネスパーソンに学ぶ、銀座の店とのつきあい方

いつの時代も、お酒が大好きで食べるのも大好きなグルマンが、食の世界を支えてきました。なかでも、かつての成功者たちの共通点は”食いしん坊”といっても過言ではないほど。一度気に入った店にはとことんまで尽くした、とある明治のビジネスパーソンが心底愛したお店とは?