今夜の自腹飯の記事一覧

デートや仲間の集まりで、「おいしいものを食べたいとき」につかえるハイコスパなお店とは?

〈今夜の自腹飯〉高級焼肉の聖地でコース5,000円の神コスパ!赤坂で食す並なのに並じゃない焼肉の画像

〈今夜の自腹飯〉高級焼肉の聖地でコース5,000円の神コスパ!赤坂で食す並なのに並じゃない焼肉

グルメな場所としては高コストなイメージもある東京の中心地・赤坂に、「今日も行こうよ」と言えてしまう焼肉店を発見! すべての肉、料理が最高レベルであることはもちろん、居心地、接客もハイクオリティなのに神コスパなお店とは?

〈今夜の自腹飯〉皿一杯の生ハムが500円!お酒の種類も豊富な「町ビストロ」が熱いの画像

〈今夜の自腹飯〉皿一杯の生ハムが500円!お酒の種類も豊富な「町ビストロ」が熱い

イタリアンだからワインを合わせる。そんな発想をとびこえて、日本酒も、焼酎も、ビールも、茶割も、サワーも、そしてノンアルも、見事に組み合わせて斬新な世界を提案するのが「町ビストロGGD(ジージーディー)」。“料理と酒”の新しい魅力を意欲的に切り開く、注目の店だ。

〈今夜の自腹飯〉トリュフたっぷりパスタをカジュアルに! 常連になりたい、自然派ワイン充実の店の画像

〈今夜の自腹飯〉トリュフたっぷりパスタをカジュアルに! 常連になりたい、自然派ワイン充実の店

さりげなくお洒落な大人の街、渋谷区富ヶ谷。代々木公園駅と代々木八幡駅からそれぞれ徒歩1分の場所に、オープンしたてのイタリア郷土料理と自然派ワインの店「LUCE」がある。「ワインと聞くだけでハードルが高そう」と遠慮している人も安心して欲しい。同店にはとっておきの料理とともに味わえる、ディープな自然派ワインの世界の案内人が2人もいるのだ。

〈今夜の自腹飯〉近所に欲しい、こんな店。本格料理とそばで飲めるハイコスパな「食堂」の画像

〈今夜の自腹飯〉近所に欲しい、こんな店。本格料理とそばで飲めるハイコスパな「食堂」

「若い人にも和食に親しんでもらいたい」「料亭の味をリーズナブルに」。そんな思いから、高級和食店で長年研鑽を積んだ淺沼朋彦さんが、満を持して開いた店が「食堂 あさぬま」だ。和食と日本酒の奥深さに舌鼓を打ち、最後に手打ちそばで締める。そんな楽しみ方をカジュアルに演出する、いま注目の店である。

〈今夜の自腹飯〉餃子1個からOK! お腹が空いたら駆け込みたい、現代の深夜食堂の画像

〈今夜の自腹飯〉餃子1個からOK! お腹が空いたら駆け込みたい、現代の深夜食堂

カウンター8席のみの店内は、カフェのようだが、本格的な中華料理が楽しめる。2大看板メニュー「detox salada」と、「阿波牛の四川麻婆豆腐」を食せば、この店のこだわりがわかるはず。深夜2時まで食事もできるが、バーとして利用するおひとり様も大歓迎。

〈今夜の自腹飯〉客単価20,000円の魅力を5,000円に凝縮。大衆メニューが旨い“ミックスカルチャー”の「食堂」の画像

〈今夜の自腹飯〉客単価20,000円の魅力を5,000円に凝縮。大衆メニューが旨い“ミックスカルチャー”の「食堂」

「みんなが知ってる料理は、みんなが好きな料理」。そんな考えをベースに、自分たちも大好きな料理を、自分たちのフィルターを通して仕上げたのが「o/sio」の料理である。同店は客単価20,000円の「sio」が、その技術を客単価5,000円の店に落とし込んで開業した2号店。“自腹飯”の客に対し、どこまでも優しい店である。

〈今夜の自腹飯〉「このクオリティなのに安すぎる!」と客が心配する “ホテル仕込み”の町中華の画像

〈今夜の自腹飯〉「このクオリティなのに安すぎる!」と客が心配する “ホテル仕込み”の町中華

「Chinese Restaurant 漢」は、慶應OBのオーナーシェフが愛着のある街で人々のために腕を振るう、カジュアルな雰囲気の広東料理の店。「うまいものを食べながらお酒を飲んで、最後に飯もしっかり食べて2,000円くらいなら、足繁く通う気持ちになるから」というだけあって、どのメニューも驚くほどリーズナブルだ。ミシュラン獲得の有名店で修業した一流のレシピを独自に進化させ、食べるとたちまちファンになる。週に何度も行ける圧倒的お得感も相まって、人気急上昇中だ。

〈今夜の自腹飯〉気骨ある伝統パスタをアラカルトで! 自由度の高いイタリア料理店の画像

〈今夜の自腹飯〉気骨ある伝統パスタをアラカルトで! 自由度の高いイタリア料理店

外苑前にあるイタリアン「ブラマソーレ」は、6年にわたりイタリアで修業を積み、帰国後は「ドンチッチョ」の姉妹店「シュリシュリ」で活躍した髙橋健太シェフが独立して開いた店。本場で学んだイタリア各地の郷土料理を、季節に合わせて提供し好評を博している。