今夜の自腹飯の記事一覧

デートや仲間の集まりで、「おいしいものを食べたいとき」につかえるハイコスパなお店とは?

漫莉キッチン ムール貝の老火粥

愛情と手間がたっぷり。広東の家庭の味、2日間煮込む老火粥

中国では日常的に食べられているお粥だが、なかでも広東省や香港には、「老火粥(ロウ フォー ジョッ)」と呼ばれるちょっと特別なお粥がある。日本ではあまり見かけない「老火粥」を提供するのが、銀座一丁目にある「漫莉キッチン」。夫婦で経営する愛情あふれる優しいお店だ。

焼鳥なのに、この美しさ。田町に現れた鶏×ソース×ワインが絶品の隠れ家の画像

焼鳥なのに、この美しさ。田町に現れた鶏×ソース×ワインが絶品の隠れ家

JR田町駅のほど近くに、「ソバヤノニカイ」というどうにも気になるネーミングのお店を発見! 看板には「ソースで楽しむ新感覚焼き鳥!!」とある。ここは、そば屋さんの系列店? BAR? それとも……? 謎多き店について、フードパブリシスト・高橋綾子さんがご紹介します。

〈今夜の自腹飯〉高級焼肉の聖地でコース5,000円の神コスパ!赤坂で食す並なのに並じゃない焼肉の画像

〈今夜の自腹飯〉高級焼肉の聖地でコース5,000円の神コスパ!赤坂で食す並なのに並じゃない焼肉

グルメな場所としては高コストなイメージもある東京の中心地・赤坂に、「今日も行こうよ」と言えてしまう焼肉店を発見! すべての肉、料理が最高レベルであることはもちろん、居心地、接客もハイクオリティなのに神コスパなお店とは?

〈今夜の自腹飯〉皿一杯の生ハムが500円!お酒の種類も豊富な「町ビストロ」が熱いの画像

〈今夜の自腹飯〉皿一杯の生ハムが500円!お酒の種類も豊富な「町ビストロ」が熱い

イタリアンだからワインを合わせる。そんな発想をとびこえて、日本酒も、焼酎も、ビールも、茶割も、サワーも、そしてノンアルも、見事に組み合わせて斬新な世界を提案するのが「町ビストロGGD(ジージーディー)」。“料理と酒”の新しい魅力を意欲的に切り開く、注目の店だ。

〈今夜の自腹飯〉トリュフたっぷりパスタをカジュアルに! 常連になりたい、自然派ワイン充実の店の画像

〈今夜の自腹飯〉トリュフたっぷりパスタをカジュアルに! 常連になりたい、自然派ワイン充実の店

さりげなくお洒落な大人の街、渋谷区富ヶ谷。代々木公園駅と代々木八幡駅からそれぞれ徒歩1分の場所に、オープンしたてのイタリア郷土料理と自然派ワインの店「LUCE」がある。「ワインと聞くだけでハードルが高そう」と遠慮している人も安心して欲しい。同店にはとっておきの料理とともに味わえる、ディープな自然派ワインの世界の案内人が2人もいるのだ。

〈今夜の自腹飯〉近所に欲しい、こんな店。本格料理とそばで飲めるハイコスパな「食堂」の画像

〈今夜の自腹飯〉近所に欲しい、こんな店。本格料理とそばで飲めるハイコスパな「食堂」

「若い人にも和食に親しんでもらいたい」「料亭の味をリーズナブルに」。そんな思いから、高級和食店で長年研鑽を積んだ淺沼朋彦さんが、満を持して開いた店が「食堂 あさぬま」だ。和食と日本酒の奥深さに舌鼓を打ち、最後に手打ちそばで締める。そんな楽しみ方をカジュアルに演出する、いま注目の店である。