作者別: 定食王の記事一覧

定食が大好きな独身30代。本業はIT企業勤務。とにかく米が好き。そして肉が好き、焼き魚・刺身が好き。そしてみそ汁が好き。年間700軒、15年で1万件以上を食べ歩くなかでも、定食という日本ならではのバランスミールの魅力にとりつかれ、インスタグラム「定食王」(@teishoking)を開始。世界にもその魅力を伝えようと日・英で発信。行動範囲は渋谷区、港区、新宿区、港区、目黒区、世田谷区だが、美味しいものがあれば、どこへでも。不規則な仕事柄一人で外食するが多いため、同じような人たちに向け、手頃かつ心も体もホッとする定食を紹介していく。

〈定食のススメ〉赤味噌?白味噌?暑い日こそ「がらり」の選べる味噌汁で力みなぎる!

手軽で美味しくて、栄養バランスもしっかりおさえられる定食は、独身サラリーマン&ウーマンの強い味方。暑くなると夏バテで食欲も減退してしまうという人も多いはず。夏に?と思われるかもしれないが、夏バテに聞くのが味噌汁! 赤、白、合わせとお代わりし放題の「がらり」の昼定食で体に活を!

〈定食のススメ〉わざわざ食べに行きたい!多様化時代の大衆食堂「そのだ」は平成の伝説になる

手軽で美味しくて、栄養バランスもしっかりおさえられる定食は、独身サラリーマン&ウーマンの強い味方。連載一周年記念の今回は、創業から数年で「大衆食堂」業界で注目となっている大阪・谷町六丁目の「そのだ」を紹介。多様化する家族、働き方、食のバックグラウンドの中で、それらを受容する新時代の大衆食堂が、この「そのだ」なのだ。大阪に訪れた際には、ぜひ最新の“平成レトロ”を体験してほしい!

〈定食のススメ〉「ミニヨン 坂ノ上」のわざわざ食べに行きたくなる“フレンチ焼売定食”

手軽で美味しくて、栄養バランスもしっかりおさえられる定食は、独身サラリーマン&ウーマンの強い味方。今回は渋谷駅から徒歩10分。並木橋から渋谷2丁目に向かう坂の上にあるビストロの焼売定食。餃子と白飯は大好物だが、数少ない“焼売定食”も負けず劣らず、肉食欲を満たしてくれる肉食定食の隠れた定番なのだ。

〈定食のススメ〉JAZZと焼き魚のマリアージュ!麻布十番の漁港ランチ「魚可津定食」

手軽で美味しくて、栄養バランスもしっかりおさえられる定食は、独身サラリーマン&ウーマンの強い味方。今回はセレブが多く住む街として知られる麻布十番で、戦前から鮮魚店を営んできたお店が提供する魚定食を紹介する。「おいしい魚を食べさせる店」をコンセプトに、日替わりで提供される新鮮な魚が人気で毎日通いたくなる麻布十番きっての人気ランチスポットだ。

〈定食のススメ〉幻のアスパラの肉巻き!元八百屋ならではの、美しすぎる「美松」の定食

手軽で美味しくて、栄養バランスもしっかりおさえられる定食は、独身サラリーマン&ウーマンの強い味方。今旬の野菜といえばアスパラガス! 定食のメインディッシュにアスパラ?と思う方もいるだろうが、開店とともに売り切れるアスパラの肉巻き揚げがある。池袋「美松」の季節のメニューの一つだ。アスパラに限らず、美しすぎる日替わりの定食をじっくり味わってほしい。

〈定食のススメ〉母の優しさでできている!?まるで図書館のような「めぐたま」の一汁五菜定食

手軽で美味しくて、栄養バランスもしっかりおさえられる定食は、独身サラリーマン&ウーマンの強い味方。一人暮らしの中年独身サラリーマンとしては野菜不足や健康管理は気になるところ。がっつり茶色い揚げ物おかずだけでなく、多品目を食べられるきめ細かな定食は、乱れた食生活の救世主的な存在。今回、紹介する「めぐたま」は、そんな私たちを癒やしてくれるはず! 健康に気を遣った母親の味を堪能あれ!

〈定食のススメ〉ハマると抜け出せない洋食スタンド!究極の肉野菜炒め、洋庖丁の「スタミナ焼」定食

手軽で美味しくて、栄養バランスもしっかりおさえられる定食は、独身サラリーマン&ウーマンの強い味方。今回は40年以上続く洋食のチェーン店「洋庖丁」を紹介。昔ながらの定食屋には万能派と、一芸派で分かれるが、洋庖丁は後者だ。この店の肉炒め、肉野菜炒めにハマり、わざわざ洋庖丁がある町を選んで住み続ける人もいるほどだ。

〈定食のススメ〉創業は江戸時代!?カツ丼とカレー南蛮うどん発祥の店で食べる「カレー定食」

手軽で美味しくて、栄養バランスもしっかりおさえられる定食は、独身サラリーマン&ウーマンの強い味方。今回紹介するのは早稲田大学近隣のもともとは江戸時代に武士だった創業者が脱武士してはじめた蕎麦屋。カレーうどんとカツ丼を生み出したB級グルメ界の革命児だ。名物のカレー定食はホッと安心するおふくろの味を味わえる!

〈定食のススメ〉キャベツと優しさに包まれる!大物たちも愛したアカシアのロールキャベツ

手軽で美味しくて、栄養バランスもしっかりおさえられる定食は、独身サラリーマン&ウーマンの強い味方。春キャベツの美味しい季節、ロールキャベツも食べておきたい。タモリさんに北野武さんと大物が愛した老舗は東京五輪の前年昭和38年創業。次の東京五輪に向けて進化するというロールキャベツを堪能してほしい。

〈定食のススメ〉上野は揚げ物天国!肉天国!新じゃがホクホク、肉の大山のやみつきコロッケ!

手軽で美味しくて、栄養バランスもしっかりおさえられる定食は、独身サラリーマン&ウーマンの強い味方。前回の春キャベツに引き続き、新じゃがを求めて上野へ。表には客が行列して、“コロッケ吞み”を繰り広げている。春の日差しと揚げ物とビール、最高の“旨い”を満喫!