今夜の自腹飯の記事一覧

これぞ本場の味! フランス人も大喜びの「どか盛り」ビストロの実力の画像

これぞ本場の味! フランス人も大喜びの「どか盛り」ビストロの実力

渋谷に新しくオープンしたビストロが、フランス料理通の間で話題沸騰中だ。リーズナブルで、ボリューム満点で、当然のようにうまい。この三拍子そろった店を営んでいるシェフは、あえて自身の経歴を明かさない。自信があるからこそ、肩書きではなく腕だけで勝負する。

絶品オムレツにワイン。食通が集う、西麻布の「ビストロ」の画像

絶品オムレツにワイン。食通が集う、西麻布の「ビストロ」

西麻布という都会のど真ん中に店を構える「ビストロ マ・キュイジーヌ (BISTRO Ma Cuisine)」。地下1階にあるバーのような大人な空間で供されるのは、「白金 シェ トモ」や「ラ・ピッチョリー・ド・ルル」の料理長を務めた実力派シェフ・池尻綾介さんがつくるフランスの郷土料理だ。

懐かしいのに新しい。これから流行る「ネオ町中華」の注目店の画像

懐かしいのに新しい。これから流行る「ネオ町中華」の注目店

六本木に2020年10月にオープンした「桃仙閣 東京」は、超予約困難店「茶禅華」のオーナーでもある林亮治さんが店主を務める中華料理店だ。「エビチリ」や「酢豚」など、昔懐かしい味わいの料理が揃っており、アラカルトをメインにお腹の具合や人数に合わせて料理の構成や量を柔軟に調整してくれる行き届いたサービスも評判を呼んでいる。

〈今夜の自腹飯〉気骨ある伝統パスタをアラカルトで! 自由度の高いイタリア料理店の画像

〈今夜の自腹飯〉気骨ある伝統パスタをアラカルトで! 自由度の高いイタリア料理店

外苑前にあるイタリアン「ブラマソーレ」は、6年にわたりイタリアで修業を積み、帰国後は「ドンチッチョ」の姉妹店「シュリシュリ」で活躍した髙橋健太シェフが独立して開いた店。本場で学んだイタリア各地の郷土料理を、季節に合わせて提供し好評を博している。

〈今夜の自腹飯〉溢れる肉汁に溺れたい! 本場さながらの小籠包を680円で堪能の画像

〈今夜の自腹飯〉溢れる肉汁に溺れたい! 本場さながらの小籠包を680円で堪能

薄皮を割って流れ出す肉汁。口当たりのなめらかな皮と、ジューシーな肉餡との絶妙なバランス。そんな本場の小籠包を味わいたいなら「小籠包マニア」へ。JR神田駅から徒歩5分という好立地にあり、1人でふらっと立ち寄ることもできる、大人気餃子専門店の姉妹店であるこの店。どのようなこだわりがあるのか、人気の理由を探る。

〈今夜の自腹飯〉全皿500円以下! 有名店出身シェフの通いたくなる中華バルの画像

〈今夜の自腹飯〉全皿500円以下! 有名店出身シェフの通いたくなる中華バル

新中野にある「チャイニーズバル ゆずのたね」は、低価格で高クオリティの料理が食べられることに定評があります。それもそのはず、オーナーシェフの初見直人さんは、日本に本格中華を広めた草分け的存在「四川飯店」や、ミシュラン一つ星の「広尾 はしづめ」で腕をふるった実力派なのです。