サク呑み酒場の記事一覧

ふらっと寄れるアフター5のパラダイスを編集部がピックアップ

ひとりごはんに嬉しい、お好み「中華定食」の旨い店の画像

ひとりごはんに嬉しい、お好み「中華定食」の旨い店

中華の名店で修業を積んだ店主が住宅地で腕を振るう、気鋭の店「高井戸麻婆 TABLE」。おいしい中華料理と好きな酒で気軽に楽しめる、肩ひじ張らない魅力が人気を集めている。

1,000円以下のつまみが充実! 映える大衆食堂で今夜もサク呑みの画像

1,000円以下のつまみが充実! 映える大衆食堂で今夜もサク呑み

店名は“大衆食堂”だが、実は“大衆酒場”の魅力も兼ね備えている。そんな懐の深さで、食事客も飲酒客も一緒に楽しめる店が「大衆食堂 ゆしまホール」。2020年10月20日開業の、新感覚のサク呑み酒場である。

串打ち大地 

〈サク呑み酒場〉もう1本食べたくなる、大人の隠れ家で味わう串打ちのやきとん

「やきとん」というとガツンとしたパンチのある肉を想像しがちだが、「串打ち大地」のやきとんは、上品で繊細なおいしさが前面に出てきている。それでいて、きっちりとパンチを繰り出してくる、まるで洒脱な大人のような串焼きが楽しめる店だ。

〈サク呑み酒場〉「世界一の唐揚げ」は、サラリーマンのオアシスにあったの画像

〈サク呑み酒場〉「世界一の唐揚げ」は、サラリーマンのオアシスにあった

住所をそのまま店名に採用した何とも不思議な、それでいて強く記憶に残る店が「新橋二丁目九番地 らんたん」。東京・新橋の歴史のある飲み屋街にオープンしたニューフェイスの小料理屋感覚の酒場だ。こうした店に不慣れな客でも、気後れすることなく足を運べる実に心強い店である。

〈サク呑み酒場〉「禁断のしらすバター丼」にハマる人続出! 今話題のしらす専門店の画像

〈サク呑み酒場〉「禁断のしらすバター丼」にハマる人続出! 今話題のしらす専門店

六本木の裏通りに移転オープンして間もない、しらす料理の専門店「土佐しらす食堂 二万匹」。隠れ家的な空間で、厳選された土佐の地酒と高知産食材の組み合わせに舌つづみを打つ。フレンチ出身の元ソムリエが生み出した、斬新なしらすメニューが満載だ。

〈サク呑み酒場〉毎日でも通いたい! 都心に現れた「理想の立ち呑み」とは?の画像

〈サク呑み酒場〉毎日でも通いたい! 都心に現れた「理想の立ち呑み」とは?

東京・白金高輪は様々な新旧の要素が融合し、そこから新しいものが生まれていく。そんな街の姿をギュッと凝縮したかのような魅力に満ちた立ち呑み酒場が「籃らん」である。難しい漢字だが、これで「らんらん」と読む。ぜひとも覚えておきたい、注目のサク呑み酒場だ。

〈サク呑み酒場〉うなぎ一串150円〜! これなら通える、極上の立ち呑み“うなぎ串”酒場の画像

〈サク呑み酒場〉うなぎ一串150円〜! これなら通える、極上の立ち呑み“うなぎ串”酒場

「串焼きと煮込みとチューハイで、ちょいと一杯楽しむ立ち呑み酒場」と聞けば、普通、焼とり店や焼とん店などを連想しがち。だが、「うなぎ串 梅星」はその名のとおり、鶏でも豚でもなく、うなぎの串焼きを楽しませる立ち呑み酒場である。値の張るうなぎもこの店でなら、手頃にサク呑みできる。何ともうれしい店が誕生したものだ。

Niruの料理はどれもひとひねり効いている

〈サク呑み酒場〉大人が通いたいのはこんな店。センスが光る煮込み料理で今宵も一杯

近頃、ちょっと雰囲気がよくておいしくて、コスパがよくて……といった、いわゆる穴場な店は駅から離れていることが多い。多少不便でも、わざわざ足を運んでもらうほどのクオリティがあるということだろう。自然派ワインが楽しめる「Niru」も、そんな店のひとつ。渋谷駅と恵比寿駅からそれぞれ徒歩10分と少し離れているが、満席の日が多い人気店だ。

〈サク呑み酒場〉高級店の肉をお手頃価格で! 老舗の味を受け継いだイマドキのホルモン焼店の画像

〈サク呑み酒場〉高級店の肉をお手頃価格で! 老舗の味を受け継いだイマドキのホルモン焼店

老舗から受け継いだ伝統の味。そして、イマドキの若者客も気後れすることなく楽しめる居心地のよさ。そんな魅力がギュッと詰まっているのが、「四谷ホルモン 大貫」である。高級焼肉店が手がけた2号店で、価格もとってもリーズナブル。まさにサク呑みに最適なホルモン焼店だ。