大崎安芸路の記事一覧

1971年生まれ、広島県出身。制作会社ロースター代表取締役。雑誌、写真集、Web、SNSなど、あらゆるメディアで制作活動をする編集者。女性ファッション誌「Soup.」をはじめとする様々な雑誌の編集長を経て、現在に至る。本業はファッション&ビューティでありながら、年間600軒以上の飲食店を食べ歩く自他認めるグルマン。今回が初めてのグルメ連載となる。料理人やオーナーのこだわりやストーリーが感じられる料理が好き。シズル感命。

〈お通しの旨い店にハズレなし〉自慢の出汁を生かした雪化粧の泡ジュレ豆腐の画像

〈お通しの旨い店にハズレなし〉自慢の出汁を生かした雪化粧の泡ジュレ豆腐

「お通し」はお店のサービス・チャージ料であるにもかかわらず、そのお通しにまで手間を惜しまないお店の料理がおいしくないわけがない。本連載では、年間600軒以上の飲食店を食べ歩くグルマンな編集者・大崎安芸路さんが、料理人の探究心あふれるお通しから、名物であるメイン料理までを順に紹介してゆく。

〈至高の名脇役〉最新版ポテトサラダ特集/王道の居酒屋クラシック編の画像

〈至高の名脇役〉最新版ポテトサラダ特集/王道の居酒屋クラシック編

ポテサラ企画第2弾。今回は満を持して、居酒屋系の王道ポテトサラダにフォーカスします。昔ながらのレシピが中心のクラシックなポテサラの中には、全国にその名を知られる名店も。しかし本連載では、知名度だけでなく、飽くなき探究心でポテサラを作り続ける、いま本当においしい4店舗を厳選しました。

〈至高の名脇役〉最新版ポテトサラダ特集/進化し続けるイノベーティブ編の画像

〈至高の名脇役〉最新版ポテトサラダ特集/進化し続けるイノベーティブ編

居酒屋でも、家庭でも人気のポテトサラダ。昔から老若男女に愛される定番料理ですが、最近、お店やシェフの創意工夫が感じられる名作があちこちで生まれています。今回は、和食、中華、イタリアン、様々なジャンルで名脇役として活躍する、変わり種のポテサラを一挙ご紹介。