〈食通の昼メシ〉

日々新しいトレンドが生まれるグルメ業界。流行りのメニューを試すのも楽しいが、毎日食べたいのは昔ながらの定番メニューだったりする。業界きっての美食家「食べログ グルメ 著名人」の6名に、毎月、一番好きな定番昼メニューの名店を教えてもらう連載。今日のランチはこれで決まり!

教えてくれる人


嘉門タツオ
1959年3月25日大阪府茨木市生まれ。1983年「ヤンキーの兄ちゃんのうた」でデビュー。「ゆけ!ゆけ!川口浩!!」「小市民」「鼻から牛乳」「替え唄メドレーシリーズ」「アホが見るブタのケツ」などヒット曲多数。CDリリース、ライブ、TV・ラジオ出演、執筆、SNS発信と幅広く活躍中。

今月のメニュー:「定食」

新米のシーズンになると、無性に定食が食べたくなる。定食というのは構成する要素が多く、その分、理想形に出会えることはなかなかない。メインのおかずを何にするかも大問題だが、やはり一番重要なのは「ご飯」だろう。ツヤツヤと輝き、ピンとたった炊きたての白飯。そしてだしを感じる味噌汁に自家製のぬか漬、選べる小鉢なんかがあると目尻が下がってしまうのだ。

嘉門タツオ、昼に最高の「定食」

「赤坂 四川飯店」のランチセット(マーボードーフ) 1,300円(税込)

コネリー
「赤坂 四川飯店」のマーボードーフランチ   出典:コネリーさん

麻婆豆腐の歌があっても良いのでは?と思い、陳建一さん全面監修のもと「炎の麻婆豆腐」という歌を作りました。

 

白いご飯は麻婆豆腐の辛さを受け止め、味を拡散してくれます。本場から唐辛子に花椒も入るようになり、ここ数十年の間に、額から汗噴き出す麻婆豆腐が食べられるようになりました。四川飯店の麻婆豆腐は格別です。「炎の麻婆豆腐」を初披露したのは四川飯店の厨房でした。

 

※「食べログ」に掲載されている情報をもとに、料理名・金額を掲載しております。最新の情報はお店の方にご確認ください。

「定食」のココが重要

一番好きなご飯のとも

魚卵

これも際限ないですねー。いくら、たらこなどの魚卵痛風系は魅力ありますね。

こだわりの食べ方

お漬物や味噌汁、スープなどをメインの間に行き来する。昔、学校の給食のときに習った「三角食べ」?

 

文:嘉門タツオ・食べログマガジン編集部