〈食通の昼メシ〉

日々新しいトレンドが生まれるグルメ業界。流行りのメニューを試すのも楽しいが、毎日食べたいのは昔ながらの定番メニューだったりする。業界きっての美食家「食べロググルメ著名人」の6名に、毎月、一番好きな定番昼メニューの名店を教えてもらう連載。今日のランチはこれで決まり!

教えてくれる人


嘉門タツオ
1959年3月25日大阪府茨木市生まれ。1983年「ヤンキーの兄ちゃんのうた」でデビュー。「ゆけ!ゆけ!川口浩!!」「小市民」「鼻から牛乳」「替え唄メドレーシリーズ」「アホが見るブタのケツ」などヒット曲多数。CDリリース、ライブ、TV・ラジオ出演、執筆、SNS発信と幅広く活躍中。

今月のメニュー:「カレー」

暑い夏に食べたいものと言えば「カレー」。インドもタイもスリランカも、カレーがおいしい国はみんな暑い。だから、暑い日にはカレーを食べるのが正しい。スパイスの効果とか、理由はいろいろあるんだろうけれど、むずかしいことは考えず、辛〜いカレーを汗かきながら夢中で食べるのがいい。

嘉門タツオ、昼に最高の「カレー」

「喫茶茶の間」のビーフカレー 850円(税込)

tokarico
「喫茶茶の間」のビーフカレー   出典:tokaricoさん

毎朝挽きたてのスパイスを7〜8種入れて愛情込めて丁寧に作られます。辛さは、マイルド、普通、ちょい辛、大辛の中からセレクト。僕は最近はちょい辛です。食べ終わると頭皮から汗がジンワリ。

 

今から40年くらい前に、スリランカの方から伝授されたレシピです。1日1鍋しか作らないので、とても狭き門です。できたら11時頃目指すのがベストでしょう。ヨーグルトで調整しながら風景を変えて食べます。

 

※「食べログ」に掲載されている情報をもとに、料理名・金額を掲載しております。最新の情報はお店の方にご確認ください。

「カレー」のココが重要

一番好きな具材

大阪の「辛口飯屋森元(もりげん)」は、チキンとビーフのあいがけがスタンダード。チキンはマイルドでビーフは大辛です。日替わりカレーもあって、カキ、パクチー、レモン、ほうれん草、マトンキーマなど、日々替わります。どの具材もマダムのカレー愛溢れるものばかり。だから一番好きな具材をあげるのは難しいです。

こだわりの食べ方

数種類のルーが混ざり行く食べ方が理想です。

 

文:嘉門タツオ・食べログマガジン編集部