〈New Open News〉

毎日、たくさんの新しいお店が登録されている「食べログ」。そんな「食べログ」のデータベースの中でも、オープン早々、高い評価の口コミがあったり、多くの「保存」をされたりしている『注目のお店』を食いしん坊ライターが紹介します。早くもお店に訪問した食べログレビュアーのコメントも掲載!

tangent(東京・外苑前)

牛ヒレ肉とフォアグラのロッシーニ風 写真:お店から

2024年5月、外苑前駅から徒歩8分ほどの場所に、本格的なフレンチをアラカルトでも楽しめるレストラン「tangent」がオープンしました。店名は、三角関数の一つ。直角三角形で一つの鋭角に対して底辺に対する対辺の比「tangent」から。直角以外の一つの角度が決まると他の辺の比率が決まってきます。タンジェントを【お店】とするならば、一つの辺は【お客様】、もう一つは【料理、ワイン】と言えるでしょう。お客様によって少しずつ変化する料理やワイン。
それでも全体的な調和がとれるそんなお店にしたいという思いがこもっています。

パテ・ド・カンパーニュ 写真:お店から

オーナーシェフの川島大輔氏は、かつて「食べログ フレンチ TOKYO 百名店」にも選出されたレストラン「モナリザ 丸の内店」にてフレンチの世界へ足を踏み入れ、4年半の修業後、ミシュラン一つ星を獲得した恵比寿「レストラン ヒロミチ」のスーシェフを経て、国立競技場前にあった名店「ビストロ ティロワ」でオープンから7年近くシェフを務めました。
「ビストロ ティロワ」では、6年連続でミシュランガイドのビブグルマンを獲得するという実力を発揮。以前より自分の料理や選んだワイン、会話や空気感を楽しんでもらえる、人と人の繋がりを大切にしたレストランを開きたいと思っていたことから、今回の出店に至ります。

写真:お店から

新店は、「ビストロ ティロワ」のあった場所から約500メートルほどで、馴染みのお客様が来やすい場所にしたそう。店内の大きめのカウンターはモールテックスという材質のもので作られており、使えば使うほど味わいが出て表情が変化するのだとか。また、内装設計やロゴデザイン、ホームページやSNSなど、店の大部分を知人にお願いして作り上げたそう。さまざまな人の思いが詰まった温かみのある空間に、客席はカウンター8席とテーブル4席です。

カスレ 写真:お店から

人気の「カスレ」5,500円は、最近のビストロではあまり見なくなりましたが、鴨のコンフィやソーセージ、豚足煮込み、豚のコンフィ、白インゲン豆が一つになった贅沢でワインが進む技術が詰まった一品。ボリュームが多い為ため3〜4名でシェアして楽しむのがオススメです。

鮎のコンフィ・グリーンマスタードソース 写真:お店から

スペシャリテの「ブーダンノワールのアップルパイ」3,080円は、シェフがずっと作り続けている一番人気の一皿。フランス地方料理のブーダンノワールと相性の良いりんごをキャラメリゼして、フランス料理らしくパイで包んでいます。「フォアグラとチェリーの自家製ブリオッシュサンド」1,980円は、フランス産の濃厚なフォアグラで作ったテリーヌとピスタチオを練り込んだ自家製のブリオッシュがこだわりで、食感を残したインゲンやナッツのコントラストを楽しめます。他にもこの時期、旬の鮎を使った「鮎のコンフィ・グリーンマスタードソース」など、季節に沿ったメニューも見逃せません。

同店の料理は基本的に2人分で作っているため、2名以上で来店して色々なメニューを堪能するのがよさそう。またワイン中心のお店のため、ワインの注文を原則2杯以上お願いしているとのこと。

本格的なフレンチを肩肘張らず、アラカルトで楽しめるレストラン。料理やワインを堪能しつつ、会話も弾みそうな空気感も素敵です。おいしいもの好きの友人を誘って出かけたい、素敵な新店です。

食べログレビュアーのコメント

parisjunko
パテ・ド・カンパーニュ   出典:parisjunkoさん

『友人と伺いました。アラカルトでいくつか。

【アミューズ】「グジェール」   
ブルーチーズを練り込んだグジェールに、豚肉のリエットを詰めて。

【前菜】「産地直送野菜のサラダ仕立て」
キャロットラペ、蕪、葱など(エチュベかな)をさっぱりとしたドレッシングで和えて。
シェフの今の地元埼玉の生産者さんから、いただく新鮮なお野菜。

【パン】「自家製パン」
クラフトは、ハードでクラムは、むっちりとしたパン。香ばしくて、止まりません。

【前菜】「パテ・ド・カンパーニュ」
山形豚の肩ロース、喉肉、ピスタチオ、フォアグラなどを使ったパテカン。小松菜のバルサミコマリネ、コルニッション、粒マスタードを添えて。
しっとりした滑らかさと凝縮された旨味が特徴的なパテ・ド・カンパーニュ。
クセがなくて、美味しいです。

【メイン】「キハタのムニエル ブールノワゼット」
島根のキハタを皮目をカリっと、身はしっとりとムニエルにして、焦がしバターのソースを合わせて。
スティックセニョール、フルーツトマトを添えて。
濃厚なコクのブールノワゼットにケイパー、トマトを加えて、アクセントに。

【デザート】「柑橘のジュレ マンゴーのソルベ」
フレッシュなグレープフルーツに柑橘のジュレ、ヨーグルトの泡、マンゴーのソルベ。ひんやりと爽やかな味わいのデザートです。

【食後の飲み物】「アイスコーヒー」
クリアでマイルド。美味しい。

まだ、食べたいものがいっぱいありました。シェフのカスレ、ブイヤベースなど、、、。ランチは、土、日、月曜日に、コースだそうです。
また伺わなくては、の素敵なレストランです』(parisjunkoさん)

あまKING
山形豚のロースト   出典:あまKINGさん

『★ランチコース★
・ブルーチーズと豚肉のペーストのシュー
微かにブルーチーズを感じる豚ペーストのつまったシュー。

・カツオの炙りとラタトゥイユ
宮城県産カツオを炙ってタトゥイユの上に。まずは、上のカツオをいただくと軽くふってある塩で磯が感じられる。また、ラタトゥイユといただくとさらに◎。

・イサキのポワレ、タブナードソース
島根産イサキは身はジューシーでタブナードソースといただくとソースのほろ苦さがイサキの味をさらに引き立ててくれる。

・山形豚のロースト
豚肉のロースト加減は絶妙でマスタードとコンソメのソースがよく合います。

・パン
自家製パンで暖めてあります。外パリパリで中はしっとりもちもちしています。

・コーヒー

・プレミアムチーズケーキ(追加)600円
デザートのところで一番上にかかれていて唯一太字だったためこちらをオーダー。正解でした。上にかかっているレモンクリームがいい仕事しています。

・富士プレミアムスパークリングウォーター(追加)1100円

その他にチャージ800円かかります。
なんと、カウンターから少し上をみると川島シェフの似顔絵がかかれていました。よく似ています。
次回は夜訪問して川島シェフ得意のパイ包み焼きなどいただきたいです』(あまKINGさん)

※価格はすべて税込。

※「食べログ」に掲載されている情報をもとに、料理名・金額等を掲載しております。 営業時間やメニュー等の内容に変更が生じる可能性があるため、最新の情報はお店のSNSやホームページ等で事前にご確認をお願いします。

文:佐藤明日香