羽つき餃子かと思いきや、なかから出てきたのは豚足!?

〈食べログ3.5以下のうまい店〉

巷では「おいしい店は食べログ3.5以上」なんて噂がまことしやかに流れているようだが、ちょっと待ったー! 食べログ3.5以上の店は全体の3%。つまり97%は3.5以下だ。

食べログは口コミを独自の方法で集計して採点されるため、口コミ数が少なかったり、新しくオープンしたお店だったりすると「本当はおいしいのに点数は3.5に満たない」ことが十分あり得るのだ。

点数が上がってしまうと予約が取りにくくなることもあるので、むしろ食通こそ「3.5以下のうまい店」に注目し、今のうちにと楽しんでいるらしい。

そこで、グルメなあの人にお願いして、本当は教えたくない、とっておきの「3.5以下のうまい店」を紹介する本企画。今回は、食べログに1000件以上のレビューを投稿しているコミックソング界きっての食通、嘉門タツオさんが絶賛する沖縄料理店を取り上げたい。

教えてくれる人

嘉門タツオ
1959年3月25日大阪府茨木市生まれ。1983年「ヤンキーの兄ちゃんのうた」でデビュー。「ゆけ!ゆけ!川口浩!!」「小市民」「鼻から牛乳」「替え唄メドレーシリーズ」「アホが見るブタのケツ」などヒット曲多数。CDリリース、ライブ、TV・ラジオ出演、執筆、SNS発信と幅広く活躍中。

都会的な地下の隠れ家でクリエイティブな沖縄料理を振る舞う「うるま食堂」

沖縄の守り神シーサーがお出迎え。その後ろには貼られているのはワインリストだ

「ラブジェネレーション」や「Over Time」など、ドラマのロケ地にも度々選ばれている芝浦の「ももよ通り」。東京湾からの潮風が吹き抜けるウォーターフロント、トレンディな雰囲気のオフィス街にて、隠れ家的沖縄料理店として食通に愛されているのが「うるま食堂」だ。

食べログの点数は3.26で口コミは33件。「いいね順」をクリックすると、トップで表示されるのが嘉門タツオさんの口コミだ。2015年から6回も投稿していることから、その寵愛ぶりが伝わってくる。

※点数は2022年7月時点のものです。

バーカウンターを中心に琉球ガラスが並ぶロフト席、南国風ソファ席など完備
 

嘉門さん

通うようになったきっかけは「パクチー食堂」と書かれたのぼり、香草好きなもので伺ってみました。沖縄料理とパクチーに特化したお店で6〜7年気に入って通っています。ご主人の料理に対する愛情と創意工夫がすごい。様々な料理修業をされており、確かな腕を感じて一気にファンになりました。パクチーやゴーヤなど沖縄特有素材を上手く使って、オリジナリティ溢れる世界を展開されています。最近はワインも充実してきました。

サーフィン歴30年という店主の飯泉好只さん。料理だけでなくセンスの良い空間も全て飯泉さんの手によるもの

アンティークの家具が並ぶスタイリッシュな空間ながら、ゆったりと南国的な雰囲気も兼ね備える。その独特な居心地の良さを生み出しているのが店主の飯泉さんだ。根っからの凝り性なのだろう。内装をはじめ料理やドリンクまで、店の大部分を自らが手がけている。

バックバーにずらりと並ぶのは、ガラス瓶に入った漬け込み酒。クラフトジンで漬けたシークワーサー、ブランデーで漬けたアップルシナモンのほか、ジンジャーエールやレモネードなどソフトドリンクも自家製で揃える。沖縄の酒も豊富だが、吟香酵母仕込みの琉球泡盛「ender」、琉球芋と黒糖の蒸留酒「IMUGE.」など、オーソドックスな沖縄料理店とは一味違うラインアップだ。

野菜は40℃の湯に20〜30分つけ、みずみずしい食感に。使用するのは沖縄食材が中心

「本土では意外と知られていませんが、パクチーは与那国や山原(やんばる)の伝統的な食材です。クシティと呼ばれて古くから親しまれています」と飯泉さん。「いかにも沖縄な郷土料理」ではなく、ローカルで親しまれている名物を自己流に落とし込むことを得意とする。

ちなみに鮮度が高く香りの強いパクチーは、飯泉さんの実家で有機栽培した「茨城県産」。実は飯泉さん、琉球の血を受け継ぎながら生まれ育ちは関東。そうした環境で育まれたアイデンティティが料理づくりにも反映されているのだろう。