豊富なワインはもちろん、それらに合わせた料理も堪能できる

〈食べログ3.5以下のうまい店〉

巷では「おいしい店は食べログ3.5以上」なんて噂がまことしやかに流れているようだが、ちょっと待ったー! 食べログ3.5以上の店は全体の3%。つまり97%は3.5以下だ。

食べログは口コミを独自の方法で集計して採点されるため、口コミ数が少なかったり、新しくオープンしたお店だったりすると「本当はおいしいのに点数は3.5に満たない」ことが十分あり得るのだ。

点数が上がってしまうと予約が取りにくくなることもあるので、むしろ食通こそ「3.5以下のうまい店」に注目し、今のうちにと楽しんでいるらしい。

そこで、グルメなあの人にお願いして、本当は教えたくない、とっておきの「3.5以下のうまい店」を紹介する本企画。今回は、ユーモア溢れる楽曲で数々のヒットを飛ばしてきたシンガーソングライターの嘉門タツオさんが、姫路に行った時には必ず足を運ぶワインバーを紹介!

教えてくれる人

嘉門タツオ
1959年3月25日大阪府茨木市生まれ。1983年「ヤンキーの兄ちゃんのうた」でデビュー。「ゆけ!ゆけ!川口浩!!」「小市民」「鼻から牛乳」「替え唄メドレーシリーズ」「アホが見るブタのケツ」などヒット曲多数。CDリリース、ライブ、TV・ラジオ出演、執筆、SNS発信と幅広く活躍中。

開店21周年を迎えた姫路の名店ワインバー

飲食店が立ち並ぶ繁華街の中でも、少し静かな場所にあるワインバー

「姫路にある行きつけの割烹店『温味 旬期』の大将・長谷川淳悟さんに紹介してもらったのが、この店を知ったきっかけです」と振り返る嘉門さん。そのお店とはワインバー「ヴァンヤ」。姫路で最も古いワインバーとしてワイン通から支持されている。

居抜きではなくイチから建てたという店舗は、一枚板のカウンターなどこだわりを感じさせる空間

「この店を開いた約20年前は、姫路にワインバーはなかったのです。最近は日常的にワインを楽しまれる方もだいぶ増えましたね」と語るのは店主の山部泰広さん。フレンチレストランで働いていた時にフランスワインに開眼。2001年に独立し、2010年には旧店舗から現在の店舗に移転した。

フランスワインを中心に700〜800本のワインが揃うセラー

店内にはワインセラーを設け、客席側から客がその中に入って品定めもできる仕掛けもある。「少しでも非日常の空間を楽しんで欲しい」という山部さんの粋な計らいだ。

食べログ点数は3.08ながら「ワインの品揃えとそれに合わせた料理に唸りましたね」と嘉門さんが心酔してるのは事実。果たしてどんな料理とワインを楽しませてくれるのか、早速おすすめメニューをオーダーしてみよう。

※点数は2022年5月時点のものです。

継ぎ足してコクを増した魅惑の煮込みソースで味わう逸品

定番メニューである「淡路ビーフのほほ肉の赤ワイン煮込み」2,000円

嘉門さんがイチオシするのが開店当初から定番メニューとして親しまれてきた「淡路ビーフのほほ肉の赤ワイン煮込み」。一晩赤ワインに漬け込み、玉ネギや香味野菜と共に4時間ほど煮込んだ一品だ。

フォークでも簡単に切れるほど柔らかに煮込まれている

煮込まれた野菜をさらに漉して、メニュー登場以来ある煮込みソースに継ぎ足し、濃厚な味わいに仕上げていく。これに合わせるのはフランス・ボルドーの赤ワイン「シャス  スプリーン2013」(グラス2,000円、ボトル12,000円)。

 

嘉門さん

ほろりととろける柔らかな肉、濃厚で旨みが後を引くソースには、しっかりとした味わいの赤ワインがぴったりです!