おいしいもの好きのあの人に「食べログ3.5以下のうまい店」を教えてもらう本企画。今回は、ユーモア溢れる楽曲で数々のヒットを飛ばしてきたシンガーソングライターの嘉門タツオさんが通う割烹店を紹介!

季節に応じて旬の素材を取り入れたコース料理の品々

〈食べログ3.5以下のうまい店〉

巷では「おいしい店は食べログ3.5以上」なんて噂がまことしやかに流れているようだが、ちょっと待ったー! 食べログ3.5以上の店は全体の3%。つまり97%は3.5以下だ。

食べログは口コミを独自の方法で集計して採点されるため、口コミ数が少なかったり、新しくオープンしたお店だったりすると「本当はおいしいのに点数は3.5に満たない」ことが十分あり得るのだ。

点数が上がってしまうと予約が取りにくくなることもあるので、むしろ食通こそ「3.5以下のうまい店」に注目し、今のうちにと楽しんでいるらしい。

そこで、グルメなあの人にお願いして、本当は教えたくない、とっておきの「3.5以下のうまい店」を紹介する本企画。今回は、ユーモア溢れる楽曲で数々のヒットを飛ばしてきたシンガーソングライターの嘉門タツオさんが通う割烹店を紹介!

教えてくれる人

嘉門タツオ
1959年3月25日大阪府茨木市生まれ。1983年「ヤンキーの兄ちゃんのうた」でデビュー。「ゆけ!ゆけ!川口浩!!」「小市民」「鼻から牛乳」「替え唄メドレーシリーズ」「アホが見るブタのケツ」などヒット曲多数。CDリリース、ライブ、TV・ラジオ出演、執筆、SNS発信と幅広く活躍中。

手の込んだ料理と心づくしの接客でもてなす

ビルの4階にひっそりと佇むような店構え

シンガーソングライターとしての音楽活動だけでなく、執筆、SNS発信などマルチに活躍する嘉門タツオさん。ライブ活動で全国を巡っていた2013年、兵庫県西宮市のイタリアンで偶然知り合ったのが、今回紹介するお店「温味 旬期」の店主・長谷川淳悟さんだった。

店主の長谷川淳悟さんを中心に、左は奥様の絵梨子さん、右はお母様の常代さんの3人でお店を切り盛りする

「知り合ってから、長谷川さんが僕の30周年のライブに来ていただきました。その後、仕事で姫路に行った時にお店へ初訪問。どの品にもちゃんと考えがあり、いちいち納得しながらいただきました。以来姫路に行くと必ず伺っています」と長谷川さんとの付き合いを語る嘉門さん。

店内はカウンター席のほか8人座れる個室も完備している

「料理はどれもひとつひとつ丁寧に作られ、さらに接客もまごころに溢れています」と嘉門さんが絶賛する同店。話を聞けば奥様の絵梨子さんは京都の一流旅館での勤務経験もあるとか。それゆえ気配りの行き届いた接客も支持を集めているようだ。

食べログ点数は3.04。割烹店というのが、ハードルの高さに繋がっているのかもしれない。ただその実力は、嘉門さんが太鼓判を押すだけに間違いないはずだ。

※点数は2022年5月時点のものです。

旬の素材をふんだんに取り入れた魅惑のコースを堪能

タイと追いガツオのだしが上品に味わえる潮汁

メニューは12,000円と15,000円のコースのみで提供し、いずれも9〜10品の料理が楽しめる。料理の内容は、その季節の旬の素材を使うため時期により異なるが、今回は嘉門さんが魅せられた品の一例を紹介しよう。

「優しい味わい!」と嘉門さんがイチオシするのが「潮汁」。この日はタイと追いガツオでだしを取り、骨蒸ししたタイのアラに旬のタケノコが具材として加わる。透き通っただし汁ながら、口にするとしっかりとした旨みが広がる。

程良い歯応えが心地よいタケノコ。時期によりくず豆腐やしんじょになることもある

ふっくらとしたタイの身、程良い歯応えのタケノコという異なる食感も楽しい。さらに具材の上にのるミョウガと木の芽が、爽やかな香りを演出し、だしの風味をよりいっそう引き立てる。

 

嘉門さん

だしの取り方が実に絶妙で、あれこれ加えず、逆に引き算したシンプルで優しい味わいが最高です。色んな素材と合わせて提供してくれるので、季節を感じながら頂けます。