高級焼肉「西麻布けんしろう」のカジュアル姉妹店がついに誕生!

高級焼肉割烹の先駆者「西麻布けんしろう」の姉妹店となる「焼肉 うしみつ 恵比寿本店」が2017年2月9日にオープンした。

TAB-0542

そこでグルメ王の渡部 建さんが、豪華フルコースを余すところなく実況中継! 皆が待っていたワイワイ楽しめてきちんと美味しい“シックカジュアル焼肉”うしみつの魅力とは?

 

「うしみつ犇極(Gyu-Kyoku)コース」全11品を渡部 建が実況中継!!

TAB-0072

渡部 建、以下・渡 うしみつのオープンを祝して「乾杯〜!」

TAB-0081

ゴク、ゴク、ゴク……。

TAB-0086

 ぷは〜っ! やっぱり焼肉にはビールですね! 本日はうしみつさんの絶品コースを頂けるということでお腹をペコペコに空かせてきました。

 

 

1.季節野菜の前菜盛り合わせ

西麻布けんしろう店主兼プロデューサー岩崎 健志郎、以下・岩 まず始めの前菜は「甘エビのキムチとナムル」です。うしみつでは「洋」のテイストも取り入れているので、オリーブオイルを少し上に垂らしています。

TAB-0045

 甘エビのキムチって珍しいですね。コクのある辛さが病みつきになりそう!

 

 

2.特製うしみつサラダ

TAB-0057

モク、モク、モク……。

TAB-0052

岩 こちらのサラダ自体はシンプルな味ですがサプライズ感を演出してみました。

TAB-0055

渡 なるほど。このニクい演出はまさに恵比寿の若者向け、The SNS映えする投稿したくなる一品ですね。

 

 

3.うしみつ極みユッケと炙り寿司盛り合わせ

 「うしみつ極みユッケ」は、まろやかさとパンチを出すために「ウニとキャビア」を添えてひと口サイズにしました。ユッケをさらにお肉で巻くことで、普通のユッケとは違う「肉の旨み」を味わっていただけるかと思います。

TAB-0113

渡 う、美しい。

TAB-0114

渡 どれどれ。ウニとキャビアがお肉の上に鎮座していますね。

TAB-0111

渡 早速、頂きます!

TAB-0125

渡 口のなかでウニとキャビアとお肉が絶妙に絡み合ってとても豪華な一品。

TAB-0106

渡 「炙り寿司」は醤油の香ばしさが食欲をそそります。本店のけんしろうでもおなじみの「自社製法の醤油」ですね。お肉でシャリが見えないってすごく贅沢。

 

4.雪室熟成スノーエイジングタンとタンしゃぶ盛り合わせ

 次はいよいよ焼きですね。せっかくなので写真を撮らせていただいてもいいですか? いつもブログなどに載せている料理の写真はこのSonyのカメラで撮っています。

TAB-0155

 昔は携帯のカメラで撮っていたのですが、ある日グルメな先輩から「食に関わる仕事がたくさんあるなかで、この写真のクオリティはひどすぎるよ。」とご指摘を受けてしまったんです(笑)。するとその先輩が僕の誕生日にこのカメラをプレゼントしてくださって。それ以降ずっと愛用しています。やっぱり綺麗に撮れるんですよね。「おまかせオートモード」ですけど(笑)。

TAB-0152

渡 まずはこの長い「スノーエイジングタン」からレモン汁をつけて頂きます!

TAB-0151

渡 熟成された牛タンの濃厚な肉汁とさっぱりしたレモン汁のハーモニーがたまらない。

TAB-0163

渡 次の「タンしゃぶ」はポン酢で。あ〜肉汁が滴っちゃう……。

TAB-0170

渡 さっきの「スノーエイジングタン」とはまた違う食感。

TAB-0169

 先の「スノーエイジングタン」はタン先からタン元までの「贅沢さ」、 後の「タンしゃぶ」は厚みがあって「ふくよかさ」を感じます。

 

5.特選塩肉盛り合わせ

TAB-0172

岩 続いては、当店自慢の尾崎牛です。けんしろう時代からずっとお世話になっている生産者の尾崎さんとは長い仲で、私どもの好みなども把握してくださっている。うしみつでも最高の尾崎牛を提供させていただきます。

TAB-0176

岩 まずは「シンシン」からです。

TAB-0190

 ワサビをつけてシンプルに頂きます。
TAB-0193

渡 うぉ〜脂の甘さ、旨みが口のなかで広がる。

TAB-0196

 続いては「ミスジ」です。しっかりとした厚さにカットしました。

TAB-0203

渡 このお肉のビジュアルつい見惚れちゃいます。赤身とは思えない美しいサシの入り方に思わずうっとり。

TAB-0212

渡 自家製ステーキソースを絡めて頂きます!

TAB-0215

TAB-0217

TAB-0222

渡 ん〜うまい! もうこれは反則的にうまい!! この自家製ステーキソース、僕のようなファミレス世代はイチコロ。これだけで白ご飯をガンガン食べちゃえるくらい。

TAB-0223

岩 玉ねぎをベースとした「うしみつ特製和風ステーキソース」で、まかない飯としてうちのスタッフのなかでもかなりの人気なんですよ。

 

6.西麻布けんしろうプロデュース! 名物! 赤身肉のけんしろう焼き

渡 ついに来ましたね! 本店の看板メニュー「けんしろう焼き」。この蓋を開ける瞬間のドキドキ感がたまらない。何度味わっても興奮しちゃいますね。

 

岩 こちらは「低温調理」でじっくりと火入れして旨味を閉じ込め、仕上げに瞬間燻製で香りづけした一品です。お肉は「尾崎牛のランプ」を使用しております。

TAB-0240

渡 低温調理でゆっくりと丁寧な火入れをされているからこその繊細な色合いと焼き加減。食べる瞬間のスモーキーな香り、その後口のなかでジュワ~っととろけるジューシーな食感、たまりません。

 

7.犇休め

岩 こちらはお肉の間にお口直しとして召し上がっていただく、さっぱりとした「野菜のピクルス」です。

渡 このタイミングでのお野菜は嬉しいですね。シャキシャキの食感と甘酸っぱいビネガーでお口もさっぱり。

8.瞬殺! うしみつ焼とけんしろう継承! 秘伝のタレ肉盛り合わせ

岩 自家製タレを使ったお肉3種「うしみつ焼・トモサンカク・神のタレハラミ」です。まずは新メニューの「うしみつ焼」からどうぞ。

TAB-0246

 これは今話題の「タレと白ご飯」の王道スタイルですね。この小さなフライパンの中身は?

TAB-0259

 「特製のウニソース」です。ソースにくぐらせてお召し上がりください。お肉はオリーブオイルとレモンの皮で作ったもみダレに漬け込みました。

 

 ウニの磯の香りがほんのり香るソースと酸味の効いたお肉がマッチしていますね。まさにフレンチを感じる新しい焼肉タレ。

TAB-0264

渡 続いての「トモサンカク」には、タレのみそを溶かさずにタレをつけて……。

TAB-0272

 これ、これ! やっぱり定番のタレがお肉に合う!

TAB-0275

岩 続いての「神のタレハラミ」は当店うしみつ限定メニューで、本店のけんしろうでは食べられません。

TAB-0277

渡 これはむしろけんしろうファンが嫉妬しちゃうんじゃないですか? 「神のハラミのタレバージョン」がうしみつだけでしか食べられないなんて! それでは特製のヤンニョムジャンを溶かしたタレをたっぷりつけて……。

TAB-0282

渡 うしみつ限定の「神のタレハラミ」頂いちゃいますよ〜。

TAB-0294

渡 濃厚な甘辛いタレと肉厚のハラミ。このお肉1枚で白ご飯山盛り1杯はいけちゃうくらいパワフルな味。本店の方でも「うしみつの神のタレハラミを食べたい!」と逆オファーが殺到しますよ、きっと。

 

 

9.至福のサーロイン焼きすき

TAB-0297

 わ〜! サーロインだ! おっきい!!

TAB-0315

 よし、やったぞ! コンロが全部お肉で埋まりましたね。香ばしい香りが漂ってきます。

TAB-0321

 ん〜、よいしょ! 立てましたね!

TAB-0339

 卵まみれにしちゃったぞ!

TAB-0343

渡 ん〜幸せ! これは幸せだ! トドメですね! 「テメェらこの店出た後はもう何も食べるんじゃないぞ!」って言われているみたい(笑)。

10.お食事物(石焼牛オムライス・石焼牛ひつまぶしトリュフご飯)

(窓側の座席へ移動して〆のご飯を召し上がっていただきます)

TAB-0376

渡 いよいよ〆のご飯ですね! これは「石焼牛オムライス」!?

TAB-0364

渡 デミグラスソースをかけるとまた良い香り! 〆にも贅沢にゴロゴロお肉が入っているんですね。この〆はかなりの話題を呼びそうです。

TAB-0362

岩 オムライスが嫌いな人ってほとんどいないですよね。スタッフにはフレンチ出身の者もいるので、チキンライスではなく「キムチライス」にしてうしみつ風にアレンジしてみました。

TAB-0377

渡 玉子のふわとろ感とライスのおこげ、それぞれの違った食感が絶妙にマッチしてやみつきになる味です。

TAB-0396

 もう一品は「石焼牛ひつまぶしトリュフご飯」です。最初はこのまま混ぜて召し上がっていただきます。

TAB-0405

渡 この豪快な煙と香りだけでノックアウトされてしまいそう。

TAB-0446

岩  残りの半分はトリュフで香りづけしたコンソメスープをかけてどうぞ。

TAB-0443

渡 これは「一度で二度美味しい」2パターンの味を存分に堪能できますね。トリュフの芳醇な香りがたまらない。しかも、だしでいただくので最後までスルスルいけちゃいます。

※コースは「石焼牛オムライス」か「石焼牛ひつまぶしトリュフご飯」のどちらかひと品をお選びいただきます。

11.新食感!サラサラ粉雪のスノー・ケーキ

岩 最後のデザートはスノーパウダーを使った「スノーケーキ」です。

TAB-0465渡 きらびやかで華やか。東京タワーも載っていて女性や外国人が喜びそうですね

TAB-0478

渡 お、なかからマンゴーが出てきた! これはみんなで取り合いですよ。こんな量食べられないと思ってもペロっと瞬殺しちゃいそうですね。こうやってみんなでひとつのものを突っつくのも、恵比寿のワイワイした雰囲気とマッチしていて楽しいですね。全員で同じものを共有することで「一体感」が生まれてその場も盛り上がり親密度も増すのではないでしょうか。

以上、大満足の全11品フルコースが終了!

TAB-0538

本日食べた「犇極(Gyu-Kyoku)コース7,980円」の全品を11品を全て並べるとこんなに豪華!(他にも3,980円〜のリーズナブルなコースもある。)

 

 

渡部 建が語る「恵比寿うしみつ」の魅力とは?

感想をひと言でお願いします!

TAB-0221

「大・満・足」です!!!

 

「西麻布けんしろう」と比べても遜色のないクオリティーと構成力。コース序盤とデザートは「女性らしい上品」さ、終盤のタレ肉や〆のご飯は「男性らしいパンチのある豪快さ」もあり、男女問わず大満足間違いなしですね。それに加えて、若者の街=恵比寿にマッチした「うしみつらしさ」も感じられて本当に素晴らしかったです。

 

一番のおすすめメニューは?

TAB-0445

やっぱりインパクトが大きかったのは「〆のご飯」。斬新かつ他にはない新しい味と演出でうしみつの看板メニューになりそうな予感。

 

2回目は誰と一緒に来たいですか?

TAB-0206

やっぱり後輩たちですね。あんまり味のわからない後輩に高価な物を食べさせるのはもったいないので(笑)。3,980円のコースを頼んで、おすすめの〆のご飯などをジャンジャン追加して、皆でワイワイ楽しみたいですね。

 

この賑やかだけどオシャレな雰囲気と駅近の好立地は、飲み会だけでなくデート・女子会・接待など様々なシーンで使えそう。

TAB-0011
個室は4名卓×2部屋(合わせて8名でも可能)全58席

グルメで食感度の高い人、幹事役に抜擢されるような人たちがけんしろうのカジュアルラインという話題性、コストパフォーマンスに惹かれて、「うしみつ」では、さまざまな楽しい会が催されそうですね。

 

「恵比寿うしみつ」が加わったけんしろうグループの印象は?

TAB-0420

うしみつは、けんしろうの「カジュアル化」=「グレードダウン」ではなく、むしろ「パワーアップ」している印象。けんしろうの誇るクオリティーやおもてなしの心をしっかりと継承しながらも、「うしみつらしさ」が光る斬新で面白いメニューの数々に感動させられました。

 

ラグジュアリーな西麻布けんしろうに、新しくカジュアルシックな恵比寿うしみつが加わったことで、より多くの方がさまざまなシーンでけんしろうグループの焼肉を楽しめるようになったのではないでしょうか。

 

次回は渡部 建さんの焼肉論!

 

店名の漢字「犇」は「ひしめく」の意。お客様でひしめくような活気のある愛されるお店に、そして焼肉屋がひしめく恵比寿でも「オンリーワンの存在」として輝き続けるように、という思いが込められている。

 

今回「うしみつ」に大満足した渡部さんですが、次回はご自身が思う「焼肉論」を存分に語っていただきます。乞うご期待!