Jaffaさん激推し! マストイートなピザは「サルシッチャ」

多種多様な全11種のピザのなかでJaffaさんがおすすめNo.1に選んだのは、自家製サルシッチャ(ソーセージ)をふんだんにトッピングした「サルシッチャ」2,480円。

老若男女から愛される人気メニュー。「サルシッチャ」2,480円
 

Jaffaさん

近年話題になっているプーリア州のフレッシュチーズ“ブラータ”より少し小さめな“ブラッティーナ”をのせた写真映えしそうな見た目と、そのチーズをカットした時に溢れるクリームをソースのように広げて食べるのがポイントです。生クリームのようにクリーミーなチーズと、ピリッとスパイシーな自家製サルシッチャ、野菜や生地の旨みの相乗効果でさらに美味。

完成に4日を要するサルシッチャは、豚肉3部位のミンチにクミンやセージなど様々なハーブ&スパイスをブレンドし、2日間寝かせる。ソテーして旨みを含んだ油を取り除き、仕上げに再び混ぜ合わせることで、焼き上げる際に油が素早く溶け出しジューシーな口当たりになるのだそう。

色とりどりの野菜が食欲をそそる

旬ごとに変わる野菜は、パプリカ、ブロッコリー、マッシュルームなど、その時々においしいものを近藤さん自ら3軒の八百屋をまわってチョイス。欠かせないのは酸味の強いフレッシュトマトで、濃厚なサルシッチャと生クリームをバランスよくまとめる効果が。

 

Jaffaさん

初めにそのままの生地とトッピングを味わってから、ブラッティーナにナイフを入れ割り広げてから溢れてきたクリームを全体に広げるようにして楽しむと、1枚で2回楽しめます。

まるでアート! 新鮮なブラータ&フルーツに歓声が上がるカプレーゼ

「前菜やピッツァはどれも、食材の良さを生かして絶妙なバランスで組み立てられたものばかり」と語るJaffaさんが「初訪問なら是非食べて欲しいひと皿」と挙げた前菜が、「ブラータチーズを使ったフルーツトマトと季節のフルーツのカプレーゼ」1,780円〜。

食べるのがもったいないほど美しい! 「ブラータチーズを使ったフルーツトマトと季節のフルーツのカプレーゼ」1,780円〜

ブラータは前出の「サルシッチャ」に使用するものと同じく、イタリアから生の状態で空輸されたフレッシュチーズ。濃厚な生クリームの甘みをしっかり味わえるよう、常温に戻してから提供している。

イチゴ以外は、巨峰&シャインマスカット、宮崎県産キンカンなどがラインアップ

冬季の主役であるイチゴは、近藤さんが惚れ込む米原農園の“とちおとめ”を厳選して使用。イチゴは酸味が強いため、甘みの強いブルーベリーをアクセントに。フレッシュな香りが強いシチリア産オリーブオイルと、まろやかな塩味が特徴のイギリス産の粗塩のみで味付けし、チーズ&フルーツの味わいを引き立てた。

 

Jaffaさん

テーブルに置かれた途端に女性から歓声が上がるほど美しい前菜。フレッシュなブラータチーズと旬のフルーツに、エディブルフラワーなどをあしらった、アートのような一品です。

口の中で溶けるふわふわの生ハムは、トッピングにもおすすめ

24ヶ月熟成はプロシュートの最高クラス。塩味の角を感じない、まろやかさが特徴だ。「24ヶ月熟成パルマ産プロシュート」1,580円

前菜のおすすめ2品目は「24ヶ月熟成パルマ産プロシュート」1,580円。こちらもイタリア料理店の定番メニューのひとつだが、ひと口食べればその違いは歴然。最高クラスと言われる24ヶ月熟成ならではのまろやかな味わいが、口の中でふわっと溶けるように広がる。

Berkel社の手動式スライサーを使い、一枚一枚を丁寧にスライス

「秘訣はイタリアの名門Berkel社の手動式スライサー。電動式に比べて刃の回転数が少なく、断面の歪みが抑えられるため、口当たりがぐっとなめらかになるんです。軽自動車が買えるほどの値段で迷いましたが(笑)、他のもので妥協したくなくて。この感動を、ぜひ多くの人に体験してほしいです!」(近藤さん)

 

Jaffaさん

極薄にスライスするので、口の中で溶けるくらいふわふわの生ハムです。焼きたて熱々のマルゲリータにトッピングしたり、サラダにのせてもらうなどの応用もできます。

まかないから誕生! 店名を冠した看板ピザ

初めて食べた瞬間、スタッフたちから歓声が上がったという「ダヴィンチ」3,280円

体を鍛えている男性スタッフのために、まかないとして誕生したという「ダヴィンチ」3,280円。「ボリューム満点で、がっつり食べたい人にぴったり!」というJaffaさんの一押しポイントの通り、トッピングは自家製サルシッチャ、マッシュルーム、モッツァレラチーズ、24ヶ月熟成プロシュート、卵、ペコリーノチーズと盛りだくさんの内容だ。

ペコリーノチーズは熱を加えることで味わいがぐっと深まる!

「思いつく限りのトッピングをのせてみたら、想像以上の出来栄えに。“店の看板メニューにしたい!”という意見が続出し、オープンから3ヶ月後にメニューに加わりました。こだわりは、火が通るとコクが増すペコリーノチーズによる、高級感と深みのある味わい。お客様からも“食べたことのない味”と言っていただくことが多いですね。今では『マルゲリータ』と人気を二分するまでになり、名実ともに看板メニューとなりました」(近藤さん)

豊富なワインの品揃えも必見!

イタリアンのお供と言えばワインだが、そのラインアップもルールに囚われていない。イタリアを主に、カリフォルニアやチリなど、世界各国からバラエティに富んだ銘柄を取り揃える。

近藤さんの一押しワインがこちら。右から3本はイタリア産、左2本はカリフォルニア産

「個人的にお酒が大好きなので、ワインのセレクションにもかなり力を入れているんですよ。グラスは赤・白それぞれ4種類とシャンパン1種類、ボトルは赤と白に加えてロゼやプロセッコなど、様々な料理に合う味わいを集めました。迷ったら、ご遠慮なくお声がけください!」(近藤さん)

 

Jaffaさん

イタリアにこだわらずに各国から厳選されたワインに合う料理なので、その料理に合うワインを尋ねて、合わせたときのアッビナメント(マリアージュ)にも注目して欲しいと思います。

家族と賑やかにシェアしたり、ワインとともにプチ贅沢なディナーを楽しんだり。ここでしか味わえない極上のピザが、大切な人とのおいしい時間をさらに盛り上げてくれること請け合いだ。

※価格はすべて税込

※本記事は取材日(2022年1月19日)時点の情報をもとに作成しています。
※時節柄、営業時間やメニュー等の内容に変更が生じる可能性があるため、お店のSNSやホームページ等で事前にご確認をお願いします。
※外出される際は人混みの多い場所は避け、各自治体の情報をご参照の上、感染症対策を実施し十分にご留意ください。

文:中西彩乃、食べログマガジン編集部 撮影:田川葉子