Jaffaさんが絶賛する星形ピッツァとは?

〈食べログ3.5以下のうまい店〉

巷では「おいしい店は食べログ3.5以上」なんて噂がまことしやかに流れているようだが、ちょっと待ったー!
食べログ3.5以上の店は全体の3%。つまり97%は3.5以下だ。
食べログでは口コミを独自の方法で集計して採点されるため、口コミ数が少なかったり、新しくオープンしたお店だったりすると「本当はおいしいのに点数は3.5に満たない」ことが十分あり得るのだ。

点数が上がってしまうと予約が取りにくくなることもあるので、むしろ食通こそ「3.5以下のうまい店」に注目し、今のうちにと楽しんでいるらしい。

そこで、グルメなあの人にお願いして、本当は教えたくない、とっておきの「3.5以下のうまい店」を紹介する本企画。今回はナポリピッツァジャーナリストのJaffaさんに東京・自由が丘の本格派ナポリピッツァの店を教わった。

教えてくれた人

Jaffa(ジャッファ)

ナポリピッツァジャーナリスト。日本人では唯一「真のナポリピッツァ協会ナポリ本部」から認定された公式ブロガーで、食べ歩きオールスターズ「食べあるキング」のナポリピッツァ担当。これまでに4千枚を超えるナポリピッツァを食べ歩き、ブログ「旨い!ナポリピッツァ」が人気。InstagramやTwitterで毎日ナポリピッツァの情報発信をしながら、TV、ラジオ、雑誌等でピッツァの解説、百貨店催事プロデュースやピッツァ職人コンテストの審査員、ナポリピッツァのメニュー開発なども手がけている。

ピッツァ好きにはおなじみ人気ピッツェリアの2号店「LA STAZIONE DELLA PIZZA」

数々のナポリピッツァを食べ歩いてきたJaffaさんが教えてくれたのは、自由が丘にある「LA STAZIONE DELLA PIZZA(ラ・スタツィオーネ・デッラ・ピッツァ)」。
「都立大学の実力派ピッツェリア『SOLO NOI sul nuje(ソロノイスルヌジェ)』の2号店ということで、オープン前から楽しみにしていました。開店初日の一番客として訪問したところ、ピッツァの味は期待通り! さらに安心感のある広いカウンター席など、居心地もとても良く、その後もリピートしています」と、力の入った推しっぷりだ。

食べログでの点数は3.13だが、早くもツウの心をがっちりつかんでいる魅力と実力を、改めてチェックしていこう。

※点数は2021年10月時点のものです。

おしゃれタウンに馴染む洗練された佇まい

ダークなウッド素材とガラス張りの、スタイリッシュな店構え

お店は東急線・自由が丘駅から徒歩2分ほど。踏切近くの賑やかな通り沿いに立つ。店名の「STAZIONE」とは、イタリア語で「駅」という意味。駅と線路に近いロケーションにちなみ、オーナー・名取洸二郎さんの師匠であるイタリア人ピッツァイオーロ(ピザ職人)のペッペ氏が命名した。

黒を基調としたシックな空間に、カラフルなシャンデリアやタイルのオブジェがさりげなく配され、店内もおしゃれな雰囲気

店内もシックで洗練された雰囲気。Jaffaさんが言っていた通り、カウンター席もスペースを広めにとってあり、一人ランチでも気兼ねなくくつろげそうだ。
「都立大のお店は家族連れのお客様が中心ですが、こちらは大人の方々が落ち着いて食事を楽しめるような店を目指しています」と教えてくれたのは、オーナーの名取さん。

オーナー兼ピッツァイオーロの名取洸二郎さん

自由が丘を選んだ理由を尋ねると「都立大から近い場所でたまたま空きテナントが豊富にあったからなんですが。でも、色々な人に話を聞くと、自由が丘は(飲食店の経営は)難しい街だという声が多くて。みんながそう言うなら、あえてここでやってみようと思って決めました(笑)」
時世的にも飲食店にとって厳しい状況ながら、少人数のランチやテイクアウトを中心に、着々とファンを増やしている。

腕自慢のピッツァイオーロが焼き上げる本場の味に舌鼓

生地は水分量を多めにして長めに練り、伸ばす時には外側に空気を含ませるようにすることで特有のもちふわ感が生まれる

1号店を知らない人でも、一度口にすればたちまちとりこになる理由は、なんと言ってもピッツァの味わい。名取さんは日本人ではまだ数人しかいない「ナポリピッツァ協会認定職人」であり、そのクオリティはお墨付きだ。イタリア「カプート社」の小麦粉を100%使用した生地を店内の薪窯で焼き上げるピッツァは、表面がカリッと香ばしく、中はもっちりした食感がなんとも絶妙。大抵のゲストは1人で1枚ペロリと平らげると言うのもうなずける。

生地と窯とのベストバランスを見極めながら焼き上げる

「小麦粉と塩とイーストと水。ナポリピッツァはこの4つ以外は入れられないので、その中でいかに違いを出すかを考えています」と名取さん。最終的にうまく焼き上がるかどうかは、その日の生地の状態と、窯の火の強さ、焼き時間とのバランスが重要になる。
「日々調整していますが、生地にイースト(菌類)が入っているので、毎日同じものは絶対に作れないですし、同じに作ろうとも思っていません。お客様には、その日ごとに違う味を楽しんでもらいたいですね」