待ちに待った「ピザ 百名店」の発表

食べログ ピザ 百名店 2021」が発表され、すでに多くのピザ好きがご覧になっていることと思います。前回の記事では今年の百名店について、ナポリピッツァジャーナリストのJaffaさんに解説をしていただきました。今回は「食べログ ピザ 百名店」を見て、お店に行ってからメニュー選びで迷わないコツ!を教えていただきたいと思います。

教えてくれた人

Jaffa(ジャッファ)
ナポリピッツァジャーナリスト。日本人では唯一「真のナポリピッツァ協会ナポリ本部」から認定された公式ブロガーで、食べ歩きオールスターズ「食べあるキング」のナポリピッツァ担当。これまでに4千枚を超えるナポリピッツァを食べ歩き、ブログ「旨い!ナポリピッツァ」が人気。InstagramやTwitterで毎日ナポリピッツァの情報発信をしながら、TV、ラジオ、雑誌等でピッツァの解説、百貨店催事プロデュースやピッツァ職人コンテストの審査員、ナポリピッツァのメニュー開発なども手がけている。

マルゲリータとマリナーラの奥深さ

メニューイメージ

ピザ 百名店に掲載されているような人気店に行くと、ピッツァのメニューだけで10~30種類くらいあり、迷う人も多いと思います。しかもイタリア語で書いてあるから余計に混乱して、結局誰もが知っているマルゲリータを注文してしまうこともあるでしょう。初回訪問時には「マルゲリータ」を頼むと決めている人も多いと思いますが、私は初めて行くお店では「マリナーラ」を頼みます。

マリナーラ

マリナーラはトマトソース、ニンニク、オレガノだけのシンプルなピッツァなので、生地の旨みと焼きの良さ、トマトソースの塩梅というその店の基本を味わうことができるからです。このマリナーラがおいしければ、何を頼んでも間違いないと言える基本メニュー。初めて来店した客が、いきなりメニューも見ないで「マリナーラ」と注文すると、ピッツァイォーロ(ピッツァ職人)は緊張すると言います(笑)。

マルゲリータD.O.C.

また、マルゲリータが好きなら、ミルク感の濃い水牛のモッツァレラチーズを使った「マルゲリータエクストラ」や「D.O.C.」が良いでしょう。マルゲリータエクストラは、トマトソース、水牛のモッツァレラチーズ、バジルというマルゲリータの上級バージョンのこと。「ブファリーナ」という名前で呼ばれることもありますが同じ内容です。

マルゲリータエクストラ

また、D.O.C.は、水牛のモッツァレラチーズとバジルは一緒ですが、トマトソースの代わりにミニトマトをたっぷり使った最高級のマルゲリータです。
本来「D.O.C.」とは「Denominazione di Origine Controllata(原産地統制呼称)」の略なので、チーズやトマト、トマトソースなどすべての食材に、D.O.C.(現D.O.P.)認定を受けた食材を使わなければいけません。現在日本では一般的にトマトソースは少量、または使わずにミニトマトのみを使ったD.O.C.が多くの店で提供されています。いずれにしてもミルクの風味が濃い水牛のモッツァレラチーズが窯の熱で溶かされて、ミニトマトやトマトソースと混じり合って乳化した部分が格別においしいので、マルゲリータを頼む時に水牛のモッツァレラチーズを使った物があればぜひ食べてみてください。

ビアンカとロッサの違い

初回にマルゲリータやマリナーラを食べたら、それ以外のピッツァも食べてみたくなりますよね? その時に見るべきポイントは、まずメニューの一番上です。

Bianca(ビアンカ)

「Bianca(ビアンカ)」と「Rossa(ロッサ)」と書いてあることが多く、それぞれの下に色々なピッツァの名前が書いてあると思います。
ビアンカとは「白」という意味でトマトソースを塗らない、モッツァレラチーズを中心としたピッツァのことなので「チーズベース」という書き方をしてる場合もあります。
ロッサは、「赤」という意味で、トマトソースを塗って焼くピッツァのことなので「トマトソースベース」と書かれていることがあります。
2人で頼むなら、ビアンカとロッサから1枚ずつ頼むのが、バランスが良いと思いますが、そこはお好みでどうぞ!

Bianca(ビアンカ)

選ぶのが面倒くさい場合の注文の仕方として「ビアンカで1枚、ロッサで1枚、お薦めのものをお任せでお願いします」なんて言うと「ツウ」っぽいです(笑)。
例えばマルゲリータでもチーズや生地をしっかりと楽しみたいなら、マルゲリータをビアンカで頼むと、トマトソースの代わりに生のチェリートマトとモッツァレラチーズ、バジルをのせたマルゲリータを焼いてくれます。

Rossa(ロッサ)

チーズや素材の味を中心に楽しみたければビアンカ、トマトソースのしっかりした味付けが好みならロッサを頼んでください。それに合わせるワインも、ビアンカなら白ワイン、ロッサなら赤ワインというように、色で合わせると大抵は合うので覚えておくと良いでしょう。

メニューのピッツァに好きなものをトッピング

ピッツァのベースをビアンカかロッサか決めたら、次はトッピングです。

Rossa(ロッサ)

メニューがたくさんあるピッツェリアも、トッピングのバラエティを書いているだけなので悩むことはありません。
野菜好きなら「オルトラーナ(菜園風)」、色々な野菜をのせた野菜好きのためのピッツァです。これも「オルトラーナでロッサ」とか「オルトラーナをビアンカで」なんて頼み方をするとカッコイイですよ。

ポルケッタ

肉系が好きなら、ハムやサラミの他に、サルシッチャ(ハーブの利いた自家製ソーセージ)、ポルケッタ(イタリアのローストポーク)、チッチョリ(豚バラのコンフィ)、ラグー(煮込み)、ンドゥイヤ(豚挽肉と唐辛子を発酵させたペースト状のサラミ)などがあります。

ポルケッタ

肉好きなら「マチェライオ(お肉屋さん風)」というピッツァを覚えておくと、その店にあるハムやサラミなど、色々な肉をトッピングしたピッツァが出てきます。他にもキノコやオリーブ、半熟卵などもトッピングにはよく使われます。
自分の好みに合うトッピングを選んで、自由にのせてもらえるようになればもう「ツウ」。私はマリナーラに揚げ茄子、キノコ、ブラックオリーブ、サルシッチャ、ンドゥイヤをのせたものが食べたいと思ったとき、メニューの中でそれに近いピッツァを探して、足りないものを追加するようにしています。

サルシッチャとンドゥイヤ

チーズの種類もフィオールディラッテ(牛乳のモッツァレラチーズ)、水牛のモッツァレラチーズ、燻製モッツァレラチーズ、リコッタチーズなどがあり、合わせるトッピングにも相性があるので、ピッツァイォーロに相談してみましょう。燻製の香りが好きなら、マルゲリータのモッツァレラチーズを燻製モッツァレラチーズに変えてもらうだけでも、自分好みのオーダーメイドピッツァができますよ!
尚、本格的なナポリピッツァの店に「タバスコ」は置いていないので、辛くしたいときには本場のように「オーリオ・ペペロンチーノ(唐辛子オイル)」とか「辛いオイル」とお願いするとスマートです。

おいしいナポリピッツァが食べたくなったら、ぜひ「食べログ ピザ 百名店」をお役立てください。