百名店には選ばれていないとっておきの一軒

宮城県仙台市にある「ピッツェリア エ オステリア パドリーノ」は、2017年から3年連続で「食べログ ピザ 百名店」に選出されていた名店ですが、母体となっていた迎賓館「仙台 勝山館」が、2021年3月末にコロナ禍のため惜しまれつつ閉館してしまいました。

日本一のピッツァ職人のタイトルを持つ三橋さん

しかし、日本一のピッツァ職人のタイトルを持つ三橋亨氏と、シェフの佐々木剛氏が中心になって、7月17日に場所を変えて復活しました。薪窯やテーブル、イスなどは前の店から引き継いだイタリアに特注したものを使い、素晴らしい店に仕上がっています。

認定看板

7月20日には真のナポリピッツァ協会が、移転再認定審査を行ない、技術、設備共に厳しい協会基準をクリアして、無事に以前の認定看板を掲げることを許されました。地元のミヤギテレビでは移転復活した同店が特集されたほど、地元の人達から愛される店でもあります。

「マルゲリータD.O.C」2,300円

ここは料理もピッツァも全ておいしい店ですが、特にピッツァのおすすめを紹介するなら「マルゲリータD.O.C」2,300円。真のナポリピッツァを代表するピッツァなので初めに食べて欲しい一枚です。少しのトマトソースを、たっぷりのミニトマトとフルーツトマトの旨みでカバーして、ミルキーな水牛のモッツァレラチーズとパルミジャーノレッジャーノチーズ、バジルで生地を食べる、最高級のマルゲリータです。

またスペシャルなピッツァとしては次の2枚が良いでしょう。

「カンピオーネ」2,000円

1枚目は「カンピオーネ」2,000円。代表の三橋氏がコンテストで優勝したときに作ったピッツァなので「カンピオーネ(チャンピオン)」と名付けました。マリナーラ(トマトソース、ニンニク、オレガノ)というシンプルなピッツァをベースにしていて、そこにフレッシュなミニトマト、フルーツトマト、セミドライトマトの旨みに、ペコリーノロマーノチーズのコクと粒胡椒のパンチが利いたとてもおいしいピッツァです。

「ポルケッタ・エ・リモーネ」2,300円

2枚目は「ポルケッタ・エ・リモーネ」2,300円。シチリアから取り寄せたオーガニックのレモンとイタリア風のチャーシュー「ポルケッタ」、モッツァレラチーズ、仕上げにイタリアンパセリというピッツァ。しっかりと豚肉の旨みを感じながら、レモンとイタリアンパセリが爽やかで最高においしいピッツァです。

次の「食べログ ピザ 百名店」には復活も期待される一軒を一足先に紹介しました。

食べログ ピザ 百名店」を巡りながら、色々なタイプのピッツァと出会い、自分の好みを見つけてください。そして、好みのタイプのピッツァを見つけたら、ピッツァ職人の「技」にも注目して推しの職人も見つけて欲しいです。同じネタと同じシャリでも職人によって寿司の味が変わるように、同じ生地、同じトッピングを同じ窯で焼いても、職人によって味が違うのが「職人技」です。
「あの店のピッツァ」ではなく「あの職人のピッツァ」を意識して、ピザ 百名店を巡り、新しいピッツァの楽しみを発見してくださいね。

紹介店舗一覧

※価格はすべて税込です。
※時節柄、営業時間やメニュー等の内容に変更が生じる可能性があるため、お店のSNSやホームページ等で事前にご確認をお願いします。
※新型コロナウイルス感染拡大を受けて、一部地域で飲食店に営業自粛・時間短縮要請がでています。各自治体の情報をご参照の上、充分な感染症対策を実施し、適切なご利用をお願いします。

文:Jaffa、食べログマガジン編集部 写真:Jaffa