百名店のニューフェイスたち

さて、ここからは新しく百名店に選ばれた店についてお話ししたいと思います。2019年は16軒、2018年は13軒と毎年多くの店が新しく選ばれ、同じ数の店が消えていきました。しかし、今回初めて選出された店は5軒だったので、95軒は2019年までに選ばれていた店になります。

気まぐれミミィ
北海道・ニセコにある「デルソーレ」   出典:気まぐれミミィさん

新規5軒のうち4軒は箱根、ニセコ、軽井沢、湯布院と全国的にも有名なリゾート地だったというのがとても印象的です。

1.ラ・テラッツァ芦ノ湖(神奈川県・箱根)
2.デルソーレ(北海道・ニセコ)
3.ア フェネステッラ(長野県・軽井沢)
4.櫟の丘(大分県・湯布院)
5.ウッデンシップ(宮城県・富谷)

その中で注目したのは軽井沢の「ア フェネステッラ」と、箱根の「ラ・テラッツァ」の2軒。

VOLVO850R
軽井沢にある「ア フェネステッラ」   出典:VOLVO850Rさん

1軒目の「ア フェネステッラ」は、イタリア政府公認の「真のナポリピッツァ協会」ナポリ本部の認定審査に合格した認定看板が付いてます。オーナーシェフ安済孝耶氏は、東京の人気店で「真のナポリピッツァ協会」認定店の三軒茶屋「ラルテ」、中目黒「イル・ルポーネ」で、店長まで務めただけでなく「真のナポリピッツァ協会」関東のエリアリーダーも務めてきた実力派。それを踏まえ、本場のナポリ料理と、おいしいナポリピッツァに関しては間違いのない店です。

オーナーシェフの安済さん

地元の食材を活かし、ウォークインワインセラーに豊富にストックしている、イタリア各地のおいしいワインも楽しめる隠れ家的な一軒家レストラン。軽井沢の繁華街から車で7分ほどの山の中にあるため、タクシーなどでわざわざ訪れる人が多い店です。

ぎりお
「ドック」2,300円   出典:ぎりおさん

この店で特におすすめしたいピッツァは「ドック」2,300円と「チッチョリ」2,300円。「ドック(D.O.C)」は、少量のトマトソースに水牛のモッツァレラチーズとミニトマト、バジルをトッピングした高級マルゲリータのこと。

ikuyo
「チッチョリ」2,300円   出典:ikuyoさん

「チッチョリ」は豚バラ肉のコンフィと燻製モッツァレラチーズ、ミニトマトのトッピングで肉の旨みを楽しめるピッツァです。

2軒目の「ラ・テラッツァ芦ノ湖」は、芦ノ湖畔に立つミュージアムに併設されたレストラン。テラスを使える季節は、湖を眺めることができる絶景レストランでもあります。

テラス席の向こうには芦ノ湖
テラス席の向こうには芦ノ湖   写真:お店から

箱根エリアは観光客向けのレストランが多く、価格に比べて内容が少々物足りないイメージがありましたが、ここはピッツァも料理も素晴らしく、価格もリーズナブルで驚きました。ナポリの名門ジャンニアクント社の薪窯を導入していて、ピッツァのメニューだけで30種類もある店は、東京でもなかなかありません。

ナポリの名門ジャンニアクント社の薪窯を導入

ピッツァメニューの中に、ナポリの名門「ラ・ノティッツィア」のオリジナルメニューがあったので、マネジャーに尋ねたら「立ち上げの時のピッツァ職人が修行したお店だ」と聞いて、食べる前から期待が膨らみました。

湖が見える開放的な店内

まずは挨拶代わりに水牛のモッツァレラチーズを使った「マルゲリータ D.O.C」2,300円、ほかにも「箱根西麓ミックスサラダ」500円や「季節野菜のグリル生ハム添え」800円、「もち豚と玉ねぎのソース 手打ちパッパルデッレ」1,500円、「天城軍鶏のコンフィ 箱根西麓野菜添え」2,500円など、リーズナブルでおいしい料理を楽しみました。

「マルゲリータ D.O.C」2,300円

またデザートもしっかりしていて「トロピカル セミフレッド」800円や「レモンの香りのリコッタチーズケーキ ブルーベリー&ラズベリーのジェラート添え」600円など、どれも内容と比べてリーズナブルな印象で、とても満足度が高かったです。

イタリア風のアイスケーキ「トロピカル セミフレッド」800円

箱根には多くの立ち寄り温泉もあり、箱根神社や九頭龍神社などのパワースポットもあります。レジャーやデートなど、東京から車で2時間程度で行ける行楽地として、この店での食事も選択肢に入れると、きっと喜ばれるプランになると思います。