待ちに待った「ピザ 百名店」の発表

食べログ ピザ 百名店 2021」が6月15日に発表になりました。2017年から毎年発表されてきたピザ 百名店。2020年は発表がなかったので、2年ぶり4回目となる発表は、ピッツァマニアやピッツァ関係者にとってうれしいニュースになりました。ピッツァマニアも喜ぶ百名店の魅力を、ナポリピッツァジャーナリストのJaffaさんに教えてもらいました。

教えてくれた人

Jaffa(ジャッファ)
ナポリピッツァジャーナリスト。日本人では唯一「真のナポリピッツァ協会ナポリ本部」から認定された公式ブロガーで、食べ歩きオールスターズ「食べあるキング」のナポリピッツァ担当。これまでに4千枚を超えるナポリピッツァを食べ歩き、ブログ「旨い!ナポリピッツァ」が人気。InstagramやTwitterで毎日ナポリピッツァの情報発信をしながら、TV、ラジオ、雑誌等でピッツァの解説、百貨店催事プロデュースやピッツァ職人コンテストの審査員、ナポリピッツァのメニュー開発なども手がけている。

はじめましては百名店がハズレなし!

2021年3月「食べログ イタリアン 百名店」が発表になった時に「今年からピザ 百名店がなくなって、イタリアン 百名店になってしまうのか?」と心配する声もあったので、ピザ 百名店発表のニュースを聞いた時には、その喜びも倍増しました。「食べログ ピザ 百名店」は、専門家やマニアが選ぶ「名店」ではなく、レストランを普段から利用している人が書いた口コミの点数を元に選出される賞だというところに大きな特徴があります。

百名店に初選出された宮城県「ウッデンシップ」のピッツァ 出典:mitsuruさん

例えば、ナポリで開催されるピッツァ職人コンテストで優勝した店や、イタリア政府公認「真のナポリピッツァ協会」の厳しい認定試験に合格した店でも、食べログの口コミを書く人が少ない店は選出されません。また、人口の多い東京の店が51軒と半数を占め、2位は大阪と神奈川の9軒と大きく差が付いています。少しずつ地方の店がランクインすることが増えてきましたが、まだまだ少ないので、百名店に選出されていなくても全国には良い店がいっぱいあることも忘れないでください。

俊太朗
4回連続で百名店に選出されているローマピッツァの名店「ピッツェリア・ロマーナ・イル・ペンティート」のピッツァ   出典:俊太朗さん

とはいえ、百名店に選ばれている店には、多くの人が訪れ、色々な角度から見て、食べログに口コミを書いて、高い評価ポイントを付けている人が多い店であることは間違いありません。このピザ 百名店は、初めて訪れる時にハズレがない選択肢であると言えるでしょう。

王道のナポリスタイルと薄くて軽いローマスタイル

全体的な傾向としては、これまでと同じで「ナポリピッツァ」の店が圧倒的に多いです。ナポリに本部がある「真のナポリピッツァ協会」の認定店だけでも、19軒が選出されています。

「ピッツェリア・ロマーナ・イル・ペンティート」

しかし、そんなナポリピッツァの店が多い中選ばれたのが、東京・代々木にある「ピッツェリア・ロマーナ・イル・ペンティート」という、ローマピッツァの名店。1998年創業の同店は、予約の取れない店としても有名で、オーナーシェフの生田悟志氏が生み出すローマスタイルのピッツァは、薄くて軽くて本当においしい。一度行くと、その魅力にハマッてしまう素晴らしい店です。

オールバックGOGOGO
「フンギ・スペリオーレ」2,189円   出典:オールバックGOGOGOさん

ピッツァはどれもおいしいのですが、特におすすめしたいのは「フンギ・スペリオーレ」2,189円。モッツァレラ、マッシュルーム、半熟卵、アルバ産の白トリュフを使ったオイルでリッチに仕上げた極上のピッツァです。

また、王道のナポリピッツァでは「ピッツェリア・エ・トラットリア・ダ・イーサ」が注目です。

行列のできる人気店「ピッツェリア・エ・トラットリア・ダ・イーサ」

ナポリピッツァの世界大会で2度優勝をしたピッツァ職人、山本尚徳氏の店で、多くの芸能人が訪れ、東京・中目黒で行列のできる店としても有名。最近では、セブンイレブンの冷凍ピザ「金のマルゲリータ」を監修した、世界一のピッツァ職人と言えば分かる人も多いのではないでしょうか。店の造りや雰囲気まで、大衆的なナポリの人気店そのままで、ナポリから来日した巨匠を感嘆させるほどおいしいピッツァが食べられる店です。

「マルゲリータD.O.C」2,530円

生地もトマトソースも抜群においしいので、ここですすめるとしたら、やはり「マルゲリータ」1,815円や「マリナーラ」1,650円など、生地とトマトソースの旨みをシンプルに楽しめるピッツァが良いですね。特に水牛のモッツァレラチーズを使った「マルゲリータD.O.C」2,530円は是非食べて欲しい逸品です。