食べログユーザーから高い評価を集めたラーメン店を100店選出した「食べログ ラーメン 百名店 2020」が、昨年12月に公開されました。TOKYO・EAST・WESTの3エリアで選出された計300店のなかから、ラーメン大王・小林孝充さんが「今食べたい5店」をエリアごとにピックアップ! 選んだ理由について伺いました。まずは「東京編」から。

1. 「手打式超多加水麺 ののくら」(亀有)

食べログのラーメンランキングにおいて、東京都内では長く1位を保っている店です。

ぴーたんたん
特製中華そば 醤油   出典:ぴーたんたんさん

この店の特徴はなんといっても、「超多加水麺」と言われる自家製麺。近年は製麺所のレベルが上がり、多くの店が有名製麺所を使用するなか、頭一つ抜け出すためにあえて自家製麺に切り替える店が増えてきましたが、個人的にはこの「ののくら」が、自家製麺&多加水麺ブームのきっかけ、さきがけの店なのではと思っています。うどん用の製麺機を使用したぶるんぶるんの食感の自家製麺は、この店でしか味わえないもの。

ぴーたんたん
自家製麺   出典:ぴーたんたんさん

亀有という場所で毎日行列を作っている、その「強さ」も凄いなと思います。

2. 「麺処 ほん田 秋葉原本店」

2020年の「ラーメン百名店」TOKYO・EAST・WESTにおいて、2020年にオープンした店は2店だけ。そのうちの1店であり、最も新しい店でもあります。

特製醤油らーめん 出典:kureaさん

もともと東十条に店を構え、人気を博していた店でしたが、2020年に秋葉原に進出。移転を機にラーメンの味をリニューアルし、自家製麺に切り替えるなど並々ならぬ意気込みで、まさに「天下を取りに来た」感がありますね。

また、移転前のラーメンはややガッツリ系にシフトしていたのが、今はラーメンも店構えもやや洗練された雰囲気に。しかしながらスープの厚みやチャーシューのおいしさ、だしの濃厚さなど、以前よりも力強さを感じる味に仕上がっている。今、一番“伸びしろ”を感じる1店です。