ひんやり麺を食べYO!

夏本番! 暑い夏だからこそ食べたくなる、涼しげな一杯“ひんやり麺”。そこで今回は、世界規模で活動している音楽プロデューサー/DJの森田昌典(STUDIO APARTMENT)が「この夏オススメのひんやり麺3選」をご紹介。冷やし中華同好会を結成して、全国津々浦々食べ歩くほどの麺ラブだそう。冷やし中華同好会の麺バーは、随時募集中とのこと。

 

 

森田氏は、食べログ著名人でモデルの高垣麗子さんの旦那様で、お二人の馴れ初めも「お互い食通なこと」がきっかけだったそう。これぞ正真正銘の“美男・美女・美食カップル”。そんな「美」に溢れた森田氏が推薦するひんやり麺を早速チェック!

 

 

 

 

 

 

 

 

■森田 昌典(MORITA MASANORI)

日本を代表するダンスミュージックプロデューサー。ダンスミュージックユニット「STUDIO APARTMENT」として、これまでに9枚のオリジナルアルバム、そして300以上のオリジナル曲を世界各国のレーベルからリリース。世界各国を巡る音楽活動の中で、世界の美味しいレストラン巡りも行い、音楽界の食通との呼び声も高い。http://www.studioapartment.jp/

暑い夏にぴったり!“ひんやり麺3選”

1. 麺や 七彩 八丁堀店(八丁堀)

「麺や 七彩 八丁堀店」は、都立家政駅前の人気ラーメン屋「食堂 七彩」の姉妹店。11時のオープンと同時に埋まるほどの行列必至な人気店だ。

 

ここでオススメなのが夏季限定「冷やし中華(970円)」。トマトが入ったほんのり甘酸っぱいスープにチャーシューと山盛りのきゅうりがのっていて、B級ではなくお上品な冷やし中華。

 

店内で打っている自家製麺がこのお店のウリだが、冷やし中華はその自家製麺ではなく、細麺かつ弾力のある冷麺のような麺を使用。

近くだったら頻繁に通いたいほど、完成度が高い冷やし中華を提供してくれる。

2. 麺 やまらぁ(人形町)

「冷やし担々麺(800円)」が旨いという情報を聞きつけて訪問し、あまりにも気に入り過ぎて、一週間に3度訪問してしまったのが「麺 やまらぁ(笑)。

 

電話番号非公開のため、20食限定の冷やし担々麺が残っているかの確認ができない。その日が営業してるかの確認も取れないので、ハラハラしながらの訪問となるが、チャレンジする価値が十分ある。

 

冷水でしっかり冷やしたコシのある麺とコクと深みがある胡麻風味のスープのバランスが絶妙で、ここ最近食べた冷やし担々麺の中では群を抜くクオリティ。

3. 龍朋(神楽坂)

炒飯が人気の神楽坂のローカル中華料理店「龍朋」。オススメはその炒飯ではなく夏季限定の「冷中華(850円)」。

 

しっかりとコシのある麺、ふんわりとした錦糸卵、歯ごたえのあるチャーシュー、それぞれに存在感があり、とても食べ応えのあるクラシックな冷やし中華。シーズンが終わるまで月一ペースで通うことになりそう。